代替ミルク市場はなぜ拡大しているのか?

公開日 2021年11月16日 16:35,

更新日 2021年11月16日 18:51,

有料記事 / 社会

2020年3月から、大手コーヒーチェーンのStarbucksでは「ソイミルク」に加え、「オーツミルク」と「アーモンドミルク」の植物性代替ミルク(以下、代替ミルク)を選択できるようになった。豆乳やココナッツミルクはこれまでもよく知られる「ミルク」の一種だったが、最近になって代替ミルクへの関心はますます高まっている。

この流れを受けて、代替ミルクの製造・販売を手がけるスウェーデン企業Oatly Group(以下、Oatly)は、今年5月にナスダックへの上場を果たしている。Oatlyは、Starbucksとオーツミルクに関する独占契約を結んでおり、それらは同社売上のうち27%を占めている。つまり、私たちがStarbucksで飲むオーツミルクは、すべてOatly社のものだ。

同社には、投資家としても知られるラッパーのJay-Zやナタリー・ポートマンなどが投資しており、海外セレブにも代替ミルクの愛飲者は多い

なぜ、世界的に代替ミルクへの関心が高まっているのだろうか?そして、代替ミルクにはどのような利点と問題点があるのだろうか?

代替ミルクとは

代替ミルクとは植物を原料として作られたミルクのことで、動物由来の牛乳に代わって飲用されている。代替ミルクの種類は、豆乳・オーツミルク・アーモンドミルク・ココナッツミルク・ライスミルクなど多岐にわたる。

アーモンドミルクは12世紀のイタリア、豆乳は14世紀の中国、そしてココナッツミルクはココナッツと共に誕生し、いずれも長い歴史を誇っている。ただし全粒オート麦から生まれたオーツミルクは1994年に開発され、その開発者であるリカード・オステが創業したOatlyが大きなシェアを誇っている。

一口に代替ミルクといっても、商品ごとに栄養素や風味、濃度が異なるが、最近になって市場の注目を集めているアーモンドミルクやオーツミルクは「第3のミルク」と呼ばれることが多い。(第2のミルクは豆乳)

代替ミルクの市場規模

「第3のミルク」が人気を集めたことなどで、代替ミルクの売上は年々増加傾向にある。米国では、2018年から2020年までの2年間で代替ミルクの売上は27%増加し、2020年度の売上は25億ドル(約2840億円)に達した。

続きを読む

この続き: 2,864文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
リサーチャー
The HEADLINEリサーチャー。立教大学文学部文学科文芸思想専修所属。関心領域は文学、西洋哲学、人権・LGBTQ問題など。
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事