トランプ大統領のコロナ感染、選挙やマーケットにどのような影響があるか?

政治・国際関係

公開日 2020/10/03 18:15,

更新日 2020/10/03 21:58

有料記事

2日未明、トランプ米大統領とメラニア夫人が、新型コロナウイルス検査で陽性だったことが明らかとなった。対立候補である民主党・バイデン前副大統領は、2度の検査でいずれも陰性だったものの、ビル・ステピエン選挙対策本部長など、ホワイトハウス関係者に複数の陽性者が見つかっており、感染拡大が懸念されている。

11月に大統領選挙が控える中、トランプ大統領の感染は、選挙戦やマーケットにどのような影響を与えるのだろうか。専門家の見解などを簡潔に整理する。

軽症なら「経済優先」に

三菱UFJ グローバルマーケット調査部門責任者のデレク・ハルペニー氏、トランプ大統領が「すぐに回復すれば、経済の早期再開がはるかに重要との主張を補強する形になる。」と述べている。同記事では、「同情票を集めたり、復活を遂げてコロナに打ち克つ姿をアピールするかもしれない」(大和証券チーフグローバルストラテジストの壁谷洋和氏)や「同情票が入る可能性もある」(AMPキャピタル投資戦略ヘッドのシェーン・オリバー氏)といった指摘も見られる。

ただし、YouGovが示すように、新型コロナウイルスに感染して支持率が急増したボリス・ジョンソン英首相は、実際には感染を公表する前から指示が集まっていた。またトランプの支持者はほぼ固定されているため、同情によって追加票が集まる可能性は低いという見方もある。「政治的指導者が新型コロナに感染することで同情票を集める」というストーリーは、あくまで神話に過ぎない。

また、トランプ大統領が早期に回復した場合、「新型コロナウイルスの脅威は誇張されている」という自らの主張を裏付ける証拠だと喧伝する可能性もある。同様のシナリオは、The Wall Street Journal紙のジェラルド・F・セイブも示唆している。

重症ならリスクオフへ

一方、トランプ大統領の症状によっては、リスクオフ(投資家がリスクを回避するため、より安全な資産に資金を動かす状況)の流れが進むという指摘もある。実際、トランプ大統領が自らの感染を明らかにして以降、ダウ先物は500ポイント以上も下落し、VIX指数(相場の先行き不安が強まったり、不確実性が高まると上昇する、恐怖指数とも)は9%急上昇した。

Prime Partnersの最高投資責任者であるフランソワ・サヴァリー氏は、「リスクオフの動きがどこまで続くかは、ホワイトハウスの感染の程度に依存する」と述べるが、既にホワイトハウス関係者にも感染は広がっている。

現職大統領のコロナ感染は、明らかな政治的・経済的リスクではあるが、それに加えて民主党のバイデン候補に有利な動きが強まることで、投資家らは警戒感を強めている。

The Wall Street Journal紙が指摘する通り、トランプ大統領のコロナ感染を受けた「マーケットのネガティブな反応は、米ウォール街にとって、共和党の勝利が総じて望ましい結果だと考えていることを示している」。投資家は、民主党政権によって「法人税の引き上げと規制強化」が進むことを懸念しており、トランプ大統領および共和党の敗北に悲観的な立場だ。

ただし、専門家の見方は必ずしも一致していない。

続きを読む

この続き: 1,899文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事

政治・国際関係

規制か合法か?大麻の論点を辿る(2)賛成派と反対派の主張を追う

有料記事

大麻の合法化や非犯罪化、非刑罰化といった解禁動向は広がりを見せつつあるものの、依然として国際的な足並みは揃っていない。では、具体的な大麻合法化の賛否に関する議論はどのようになされており、論点はどのよう···

社会問題・人権・環境

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

政治・国際関係

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

政治・国際関係

アメリカ合衆国最高裁判事、なぜ政治的に重要なのか?

有料記事

2020年9月18日、アメリカ合衆国最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が87歳で死去したことを受け、後任人事をめぐる共和党と民主党の激論が続いている。女性2人目の最高裁判事で、「RGB」の···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

社会問題・人権・環境

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···