分断される日米、一体化する中国

議論 / 編集長より

公開日 2020/11/17 18:42,

更新日 2020/11/17 20:24

有料記事

先日、大統領選を受けて「リベラルがアメリカを分断させた、などという言説は一考の余地もありません」と主張するツイートを見かけた。ツイート主のエッセイと合わせて、一定の支持を集めているようだが、個人的には賛同しない。

というのも、俺の立場としては「ポリティカル・コレクトネスは社会をより良くするものであり必要ではあるが、それが諸々の問題を解決してくれるわけではない」と考えているからだ。

リベラルが本当に分断を促したかは分からないが、リベラルがポリコレに拘泥していることは、明らかに問題だ。いま本当に取り組むべき問題は格差や経済の課題であり、「俺たちは分断を生んでない」と自己弁護することではない。

特にトランプ大統領が敗北した今、「リベラルは米国を分断していない!」と叫ぶことは、百害あって一利なしだろう。こうした主張は、また不毛な対立を生むだけだ。

あれだけ暴言を吐き、いまも「選挙に勝った」というデマをツイートし続けているトランプ大統領だが、現実として史上最大の7100万票台を獲得している。

米国の半数が、今もトランプ大統領を支持していることを考えれば、誰が分断を生んだかを問うことに意味はない

分断される日米

とはいえ、多くの人が「トランプ支持者について考えろ」と主張しているが、その分析にもあまり意味がない。なぜなら、米国や日本は今後も分断され続けるからだ。

昨日、「2021年のソーシャルメディア予測」という記事を見かけた。この中に、検閲があるSNS(Twitter)と検閲がないSNS (Parler)に分かれるという予想が示されていた。大統領選でちょっとした注目を集めたParlerがその座を掴むかは分からないが、こうした未来は確実に起こりうる。

続きを読む

この続き: 1,635文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事

議論 / 編集長より

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

政治・国際関係

The HEADLINE #1 - 2020年のニュースを振り返る

有料記事

ニュース解説メディアThe HEADLINE / イシケンTVが、1年のニュースを振り返るイベントを開催します!新型コロナウイルスや大統領選挙、BLM運動、安倍首相の退陣など歴史的なニュースが次々とお···

議論 / 編集長より

パパ活試論 - 2

無料記事

前回述べたとおり、哲学者らは「売買春が倫理的に許されるのか?」という問題に、どのような説明を与えているのか?彼らの説明は、大きく3つに分かれる。1つは売春婦たちの自由意志を尊重するリバタリアン的な立場···

議論 / 編集長より

パパ活試論 - 1

無料記事

2017年にテレビドラマの名前として冠されるなど、パパ活という言葉は人口に膾炙した感がある。一方、その定義は曖昧なままである。ただの「善意による援助」なのか、「下心を含めた投資」なのか、はたまた援助交···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

政治・国際関係

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

社会問題・人権・環境

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

なぜ日本は核兵器禁止条約に参加しないのか?

有料記事

8月9日は、6日の広島市につづく長崎市への原爆投下の日である。毎年この時期になると話題になるのが、日本の核兵器に関する立場だ。6日に広島市で開かれた平和記念式典であいさつした安部首相は、「唯一の戦争被···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···