南デンマーク大学研究員
人口学者(人口学博士)。南デンマーク大学人口学センター研究員。 オックスフォード大学社会学部研究員を経て現職。先進国の少子化問題をデータと統計を用いて分析している。特に、少子化をよりよく理解するための手法の開発、無子(子どもを1人も持たない)人口の理解、恋愛行動などの研究に力を入れている。自治体や企業と協働で少子化問題のEBPM(Evidence Based Policy Making)にも取り組んでいる。分野トップの国際学術誌に複数論文を掲載、国際学会での発表多数。

記事一覧

なぜ日本で少子化が起きているのか?=結婚行動の変化と背景にある要因

有料記事 / 政治

少子化対策に関する議論が、熱を帯びている。岸田文雄首相が掲げる「次元の異なる少子化対策」の実現に向けて、政府は6月13日、児童手当や育児休業給付の拡充などの具体策を盛り込んだ「こども未来戦略方針」を閣···

わたしたちについて

法人サポーターのお願い

👑 法人サポーター

🔥 いま読まれている記事

著者

シニアリサーチャー
編集長 / 早稲田大学招聘講師
シニアリサーチャー
リサーチャー
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま