新型コロナウィルス対策、世界でアルコール・酒類販売の禁止。一体なぜ?

政治・国際関係

公開日 2020/07/14 18:13,

更新日 2020/07/14 18:18

有料記事

南アフリカで、2020年6月1日に解除されていた酒類販売の禁止措置が再び課されることとなった。

同国では3月26日深夜のロックダウン開始から、酒類とタバコの販売禁止措置が続いていたが、解除されると買い溜めをしようと人々が長蛇の列をなした。買い物の時点からマスクの着用やソーシャルディスタンスの維持を守る者はほとんどおらず、歌い踊りながら酒を飲んでパーティーをする人が続出したため、サイドの禁止措置がとられる結果となった。南アフリカでは、新型コロナウイルスの感染者数が25万人を超え、すでに4000人以上出ている死者数は年末までに5万人を超えるとの試算もある。

新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、酒にまつわる批判や禁止措置が数々見受けられる。例えば、若者たちがおこなうパーティーが問題視され、7月12日に1日の感染者数が1万5000人を超えたフロリダ州では、すでに6月下旬からバーなどでの酒類提供が禁止されている。

日本でも、接待を伴う店や酒類を提供する飲食店が多い”夜の街”が、重点的に対策されている。

酒類販売の禁止はどのような理由でおこなわれるのだろうか?また、禁止によってどのような影響が出てくるのだろうか。

世界的に見られる酒類販売の禁止

新型コロナウイルス対策としての酒類販売の禁止措置は、南アフリカに限ったことではない。例えば南アフリカと同じく3月下旬から酒類の販売を禁止していたスリランカは、4月19日の夜間外出禁止令の緩和とともに措置を解除した。しかし、わずか2日後の21日には再び禁止措置を発令し、全ての酒類販売店を閉鎖することとなった。

また、タイでは自宅でのみ飲酒可能という制限付きで、店舗での酒類販売禁止が解除された一方、外出制限によってオンラインでの酒類販売が増えた結果、未成年飲酒が増加したため、オンラインでの酒類販売が禁止されることとなった。

フィリピンでは、マニラなどがあるルソン島での検疫中にアルコールの販売禁止措置がとられ、酒類メーカーが政府に禁止解除を求めるなど、業界と政府の利害が衝突している。

こうした禁止措置はアジアだけでなく、ヨーロッパや中南米にも広がっている。グリーンランドの首都ヌークでは、ロックダウン中の子どもに対するDVを減らすため、酒類販売を禁止した。またドイツのレバークーゼンでは、メーデーに伴う休日に多数の人が集まることを警戒して、公共の場での飲酒を禁止した。

メキシコではロス・カボスやカンクンなどの観光地で販売禁止やコロナビールなどの生産・流通停止などの措置がなされている。このほかにも、ボツワナ、グレナダ、コロンビア、バルバドス、ジンバブエなどで新型コロナウイルス対策の一環として酒類販売の禁止措置がとられた。

一方イギリスでは、ロックダウン中に酒類販売禁止が実施されるとの偽造公文書がSNSなどを通じて出回ったが、各国で実際に禁止措置がとられていたことがこうした誤情報の信憑性を高める結果となった。

また、国家間をまたいで移動する航空会社でも、アルコール飲料の提供を控える動きが起こっている。例えば、EasyjetとKLM(ヨーロッパ)、Delta Air LinesとAmerican Airlines(米国)、およびアジアのバージンオーストラリアを含む航空会社は、アルコール飲料の提供を全部または一部停止した。

このように、実に多くの国や地域で新型コロナウイルス対策として酒類販売禁止措置がとられている。なぜ世界のさまざまな国や地域が、酒類の販売禁止に乗り出したのだろうか?

健康・ソーシャルディスタンス・DV・迷信

続きを読む

この続き: 1,542文字 / 画像0枚

この記事の全文を読むためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただくか、単品購入する必要があります。持続可能で良質なメディアをつくるため、下記のリンクよりメンバーシップについてご確認ください。(すぐに課金されることはないのでご安心ください

メンバーシップについて知る

または、記事を単体購入する

著者
早稲田大学文学部卒業後、一橋大学大学院にて修士号(社会学)取得。現在、同大学院博士後期課程に在籍中。専門は社会調査・ジェンダー研究。Twitter : @keity_lied
The HEADLINE編集長。株式会社マイナースタジオを創業後、2015年に株式会社メンバーズ(東証一部)に企業売却。早稲田大学政治学研究科修士課程修了(政治学)。関心領域は、メディア論や政治思想など。Twitter : @ishiken_bot
おすすめの記事

政治・国際関係

なぜ米軍はドイツから撤退しようとしているのか?

有料記事

米軍が、ヨーロッパ最大の駐留先であるドイツからの一部撤退を予定している。ドイツの西部・南部を中心にあわせて約3万5000人の米兵が駐留しているが、トランプ大統領はこのうち1万2000人を撤退させるとし···

政治・国際関係

なぜ米国や日本は、TikTokを禁止しようとしているのか

有料記事

米国で、TikTokなど中国製アプリの締め出しに関する議論が盛り上がる中、日本でも一部自民党議員から同様の声が上がり始めた。28日、自民党の「ルール形成戦略議員連盟」の会合において甘利明会長は「水面下···

政治・国際関係

ウイグル強制労働との関与指摘の中国企業、日本の大企業も取引先に

有料記事

7月20日、香港を拠点とする世界最大の織物シャツメーカーであるエスケル・グループ(溢達集團)の子会社である昌吉・エスケル・テキスタイル(Changji Esquel Textile)社が、米・商務省に···

政治・国際関係

国家安全法の後、香港で起きていること

有料記事

香港・国家安全法が成立した時、2つのシナリオが存在した。1つは法案が通った後、中国政府はしばらく様子を見て、大規模なデモ弾圧や逮捕には動かないという未来。もう1つは、すぐさま法律を積極的に適用していく···

社会

韓国、衝撃の「n番部屋」事件とは

無料記事

今月17日、韓国で衝撃を呼んでいる「n番の部屋」事件の首謀者として1人の男性が逮捕された。すでに筆者は、本事件について下記YouTube動画を公開しているが、動画では扱えなかった事件の全貌について、現···

人権・社会問題

フェミニズムとは何か?:なぜ女性の権利ばかりが主張されるのか

無料記事

わたしたちは、フェミニズムの時代に生きている。フェミニズムを時代性やブームのように捉えることに異論はあるかもしれないが、#MeTooムーブメントや韓国の書籍『82年生まれ、キム・ジヨン』のベストセラー···

政治・国際関係

強制投票は実現可能か、それは”良いもの”か?

無料記事

HEADLINEでは、今秋より月額3,200円の有料会員サービスを開始します。この記事は、サービスの開始後は有料記事となる予定です。もし、この記事に"読むべき価値がある"と感じられたら、ぜひ記事下部か···

政治・国際関係

AppleやNikeのサプライチェーンが関与するウイグル人強制労働。パナソニック、シャープ、SONYなど日本企業も

有料記事

以前の記事で、イスラム教徒として知られる少数民族・ウイグル人への中国政府による監視と管理について、歴史的起源を紹介した。昨年11月と今年の2月、ウイグル人への監視・管理について具体的な実態を記した文書···

政治・国際関係

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···