NFTのプラットフォームOpenSeaとは何か?成長の理由

公開日 2022年11月14日 16:42,

更新日 2022年11月14日 18:51,

有料記事 / Web3・暗号資産

暗号資産の世界的な暴落はクリプトの冬(Crypto Winter)と呼ばれ、Web3.0に関わる多くの企業やサービスにとって出口の見えない厳しいマーケット状況が続いている。これはWeb3.0を取り巻く事業環境の健全化を図るチャンスであるという期待や、さらには危機の「終わり」が近いことを予測する楽観的な見方もある。しかし、多くの Web3 ビジネスにとっては、事業計画の見直しや人員削減などを迫られる過酷な状況であることには変わりない。

そんな Web3 の主要プレイヤーの1つが、世界最大のNFTマーケットプレイス OpenSea だ。同社は今月6日、NFTのクリエイターへの手数料(ロイヤリティ)を強制する新たなシステムを発表した。これは、二次流通において、NFT を生み出したクリエイターにロイヤリティが還元される仕組みだ。クリエイターの利益を尊重した仕組みとも、NFT市場における競争激化でシェアが奪われつつある OpenSea の利益を最大化する仕組みとも言える。

いずれにしても、NFT市場の急速な拡大と競争激化が続く中で、同社はサポート対象言語を中国語、韓国語、日本語、フランス語、スペイン語、ドイツ語にも拡大する方針も明らかにしており、すでに同サイトは日本語化されている。さらに、2023年までには主要ブロックチェーンのほぼ全てに対応する予定であることも発表するなど、成長のための施策を次々と打ち出している。

Web3 や NFT を語る上で無視できない存在となった OpenSea とは、どのようなプラットフォームなのだろうか?また、OpenSea は誰によって生み出され、世界にどのようなインパクトを与えているのだろうか?そして、同社の成長はなぜ脅かされているのだろうか?

NFTとは何であり、なぜ今注目を集めているのか?
有料記事 / テクノロジー

OpenSeaとは何か

まず、OpenSea とはどのようなプラットフォームなのだろうか?

世界最大のNFTマーケットプレイス

続きを読む

この続き: 7,920文字 / 画像4枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

すでにメンバーシップに入っている方や単体購入されている方は、こちらからログインしてください。

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

✍🏻 著者
オーフス大学映像人類学修士課程
The HEADLINEリサーチャー. オーフス大学(デンマーク)映像人類学修士課程. 関心領域は、テクノロジーと文化、ケア、身体性等. 映像やサウンドなどを活用した多感覚エスノグラフィ、デザイン領域への応用などを試みている.
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

🎀 おすすめの記事