オーフス大学映像人類学修士課程
The HEADLINEリサーチャー. オーフス大学(デンマーク)映像人類学修士課程. 関心領域は、テクノロジーと文化、ケア、身体性等. 映像やサウンドなどを活用した多感覚エスノグラフィ、デザイン領域への応用などを試みている.

記事一覧

ソフトバンク・ビジョン・ファンドは、なぜ巨額損失を出したのか?主要投資先の騰落率一覧

有料記事 / テクノロジー

SoftBank Group(ソフトバンクグループ、SBG)の孫正義会長は今月8日、4-6月期(第1四半期)に創業以来最大規模の赤字を計上したと発表した。同社が主導する SoftBank Vision···

ヤングケアラーとは何か?その実像と日本社会の問題

有料記事 / 社会問題・人権

近年、ヤングケアラー(young carer)という言葉を耳にする機会が増えてきた。日本政府は2022年から2024年度の3年間をヤングケアラー問題の「集中取組期間」と定め、中高生におけるヤングケアラ···

Amazon、巨額買収。ルンバを生んだiRobotとはどんな企業か?

有料記事 / テクノロジー

米Amazonは今月5日、ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」などを開発する米iRobotの買収に合意したと発表した。買収額は約17億ドル(約2,300億円)にのぼる。iRobotは家庭用ロボット···

GoogleやFacebookなどが決算発表。景気減速が懸念される中、注目ポイントは?

有料記事 / テクノロジー

米・主要IT企業(ビッグテック)が相次いで4-6月期(第2四半期)決算を発表した。世界的な景気減速が懸念される中で、各社の決算内容は波乱を呼んでいる。ビッグテック各社の明暗を分けた要素は何なのか?また···

EV大手・BYDとは何か?日本参入の中国企業

有料記事 / テクノロジー

中国・深圳の自動車メーカーBYD(比亜迪、ビーワイディー)が、乗用EV(電気自動車)で日本進出することを発表した(*1)。同社は日本における販売企業としてBYDオートジャパン(​​100%出資の子会社···

Amazon、One Medicalを35億ドルで買収。その狙いは?

有料記事 / テクノロジー

米Amazonは今月21日、プライマリ・ケア(*1)サービスを提供する米One Medicalの買収に合意した。買収が正式に成立した場合、本件はAmazonにとって史上3番目の規模となる。Amazon···

TikTok、再びアプリストアから追放危機。その理由と結末は?

有料記事 / テクノロジー

米連邦通信委員会(FCC)のコミッショナー、ブレンダン・カー氏は6月24日(現地時間)、米・Appleと米・GoogleのCEOに対して、アプリストアからTikTokアプリを削除するよう要請した。カー···

FAANG 2.0とは何か?新たな世界秩序の投資概念

有料記事 / ビジネス

ロシアによるウクライナ侵攻が現実となった今年2月下旬、米大手銀行 Bank of America(バンク・オブ・アメリカ、BoA)が FAANG 2.0(*1)と呼ばれる新たな投資アイデアを提案した。···

なぜスポーツ配信サービスが乱立しているのか?ABEMAによるW杯無料生中継などOTT全盛期

有料記事 / テクノロジー

インターネットテレビ ABEMA が、今年カタールで開催されるFIFAサッカーワールドカップの全64試合を無料生中継することを発表した。「全試合無料生中継」は日本史上初であり、これまで民放キー局も実施···

公正な移行とは何であり、どのように実現されているのか?

有料記事 / 社会問題・人権

世界的にカーボンニュートラルに向けた動きが加速する一方、ウクライナ侵攻を受けて各国がエネルギー調達の脱ロシア依存を進めている。ただし短期的には、石炭火力発電への揺り戻しは避けられず、世界の脱炭素は停滞···

ロシアのウクライナ侵攻のシンボル「Z」は、何を意味するのか?

有料記事 / 政治

ロシアによるウクライナ侵攻がはじまった翌月となる今年3月、アルファベットの「Z」が侵攻を支持するシンボルとして急速に広まった。ロシアの政治家たちはこぞって「Z」を使用し、市街地の車両や建物にもスプレー···

世界を脅かすスパイウェア、ペガサスとは何か?

有料記事 / 政治

世界各地の人権問題、政治活動において暗躍する、あるひとつのスパイウェアが存在する。イスラエル企業の開発する「Pegasus(ペガサス)」だ。大統領選前の仏マクロン大統領や、新型コロナウイルスに関して国···

セラノス元CEOは、どのような有罪評決を受けたのか?スタートアップ文化への批判も

有料記事 / テクノロジー

シリコンバレーの血液検査ベンチャー・Theranos(セラノス)を創設し、同社のテクノロジーやサービスに関する詐欺罪などに問われていたエリザベス・ホームズ被告は今年1月、有罪評決を受けた。たった数滴の···

ロシアは、なぜウクライナに介入しようとしているのか?

有料記事 / 政治

ロシアとウクライナ、そして欧米諸国との間で緊張が高まっている。ロシアはウクライナ国境付近に10万人(*1)を超える規模の兵力を集結し、ウクライナ軍も戦闘に備えて国軍を配備した。アメリカやフランス、ドイ···

カザフスタンの人権はなぜ憂慮されているのか

有料記事 / 社会問題・人権

中央アジアの共和制国家・カザフスタンで、2022年の年明けから反政府デモが拡大した。政府に対する様々な不満に飛び火する形で拡大した抗議行動は、カザフスタン全土で非常事態宣言が発出される事態にまで発展し···

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

著者

シニア・エディター
パリ社会科学高等研究院博士課程
北海道大学大学院修士課程
ウォーリック大学政治学修士課程
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま