News worth reading

わたしたちは、政治やテクノロジー、社会問題などのニュース解説メディアです。
メンバーシップを通じて、良質なコンテンツを届けていきます。
本誌について
2022年01月17日無料記事323本有料記事200本

EUとロシアの密接な経済関係

無料記事/ 政治・国際関係

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。米国は今回のロシアのクリミアへの軍事介入を受けて、ロシアに対して資産凍結やビザ発給停止、貿易···

米国政府機関がウクライナのクーデターに資金提供を行っていた

無料記事/ 政治・国際関係

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。米国政府機関が資金提供を通じて今回のウクライナのクーデターを支援していたという事実が明らかに···

ガスプロムがウクライナのガス未払い金の支払いと値引き打ち切りを要求

無料記事/ 政治・国際関係

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。AFP通信は、ロシア大統領府が土曜日に治安回復に向けたクリミアからの支援要請を無視しないとの···

「マスゴミ」や「官僚主導」はどれほど<事実>であるか?

無料記事/ 政治・国際関係

本誌でも紹介した通り、日本における「報道の自由度ランキング」は低下の一途をたどっている。また、「NHKは政府の圧力と自己検閲の影を拭えない:ワシントン・ポスト報道」でもお伝えした様に、最近のNHK経営···

東京オリンピックは「ヤクザ・オリンピック」?:米メディア報道

無料記事/ 政治・国際関係

2020年の東京オリンピックが「ヤクザ・オリンピック」になるかもしれない。こんな衝撃的な見出しが、米・ニュースサイト「Daily Beast」に踊った。同サイトの調査報道記者ジェーク・エーデルスタイン···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

特集

女性の権利を考える

混乱の中の東京五輪

アフガニスタン情勢の20年を知る

気候変動という危機

特集の一覧

世界を世界に説明する、でもどうやって?—東京都知事選挙に寄せて

無料記事/ 政治・国際関係

​​​​​​​本誌のモットーは「世界を世界に説明する」という言葉だが、これはフランスの歴史家であるリュシアン・フェーヴルから借りてきた言葉だ。アナール学派の潮流を生み出した偉大な歴史家の言葉を持ってき···

TwitterとSquareの創業者、ジャック・ドーシーとは誰か?

無料記事/ 政治・国際関係

私たちは来年にかけて、これまで以上に彼の名前を耳にすることになるだろう。彼の名前は、ジャック・ドーシー(Jack Dorsey)。今年上場を果たしたTwitterの共同創業者でありながら、現在最も急成···

ツタヤ図書館が神奈川にも、これからの図書館の役割は?

無料記事/ 政治・国際関係

佐賀県武雄市の「武雄市図書館」が話題になってからしばらくが経過した。指定管理者制度を利用して、「TSUTAYA」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下CCC)が運営にあたり、代官山蔦屋書店···

デジタルの未来について10秒で分かる10枚のグラフ

無料記事/ 政治・国際関係

アメリカの人気メディア「BusinessInsider」がまとめた130枚以上にもわたるスライドでは、インターネット業界に関する様々な情報・データが充実しており話題を読んでいる。全てのスライドは、こち···

ラップしているのは誰なのか?—『BAZOOKA!!!』高校生RAP選手権から垣間見る日本のヒップホップカルチャーの裾野—

無料記事/ 政治・国際関係

編集部注:前回、都内の大学院で社会学を専攻するケチヲ氏が男子校に関する興味深い論考に引き続き、ヒップホップに関する記事を寄せてくれたことを覚えているだろうか?どうやら彼のヒップホップへの愛はとどまるこ···

ウィキリークスからNSAまで:なぜガーディアン紙は世界的に注目されているのか?

無料記事/ 政治・国際関係

現在、世界で最も影響のある「新聞」はどこだろうか?「ニューヨーク・タイムズ」紙(NYT)?「ワシントン・ポスト」紙(WP)?いいや、おそらく「ガーディアン」紙だろう。驚くべきことに、彼らの発行部数は1···

「婚外子」平等化で議論、「日本の伝統的な家族制度」って?

無料記事/ 政治・国際関係

結婚していない男女間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続について、結婚している夫婦の子供の半分としている民法の規定が、法の下の平等を保障した憲法に対して「違憲」であるという決定がなされたことを受けて···

“デフォルト”とは何か?:アメリカ史上初の悪夢はあり得なくはない

無料記事/ 政治・国際関係

本誌で度々お伝えしている、アメリカのデフォルト危機。これはアメリカではもちろん、基軸通貨国では史上初となる悪夢であることはこれまで述べてきたとおりだが、具体的にはどのようなことが起こるのだろうか?デフ···

学問とヒップホップの意外な関係?

無料記事/ 政治・国際関係

編集部注:前回、都内の大学院で社会学を専攻するケチヲ氏が男子校に関する興味深い論考を寄せてくれたことを覚えているだろうか?彼は、今回ヒップホップと学問という一見不可思議な、しかし大真面目なコラムを寄せ···

分裂するアメリカ ― なぜシャットダウンは回避できなかったのか?(1)

無料記事/ 政治・国際関係

アメリカの政府閉鎖(シャットダウン)について、本誌には多くの人から関心が寄せられた。17年ぶりのシャットダウンは衝撃的であったが、なぜアメリカはそれを回避できなかったのだろうか?この問いかけは、2つの···

実はマイノリティ?男子校についての意外な実態

無料記事/ 政治・国際関係

この記事を見る人のうち、どれほどの人が男子校に通ったことがあるだろうか。そもそも、あなたの身の回りには男子校があっただろうか。現在、23県には男子校が一校も存在しない。正確に言えば、「男子のみ在籍」の···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

「新疆文書」とは何か?明らかになった習近平国家主席の肉声

有料記事/ 政治・国際関係

11月27日、英・民衆法廷 Uyghur Tribunal (*1) は、習近平国家主席など中国政府高官たちが、新疆ウイグル自治区における人権侵害へ強く関与していることを示す文書を新たに公開した。公開···

なぜフランス大統領選で、極右候補エリク・ゼムール氏が注目を集めているのか?

有料記事/ 政治・国際関係

作家・ジャーナリストのエリク・ゼムール氏が昨年11月30日、YouTubeの動画上で、今年4月におこなわれるフランス大統領選への立候補を表明した。新聞やテレビでの活動が長く、差別主義的な発言の多い極右···

なぜ全世界でポテト不足が起きているのか?日本マクドナルドの他、韓国やケニアでも

有料記事/ 政治・国際関係

昨年末、日本マクドナルドは「マックフライポテト」の M および L サイズについて販売を休止した。販売は12月30日に再開されたものの、今月7日には再び M・L サイズが休止され、現在まで続いている。···

テクノロジー

Didi、米上場廃止手続きを開始。つづく中国企業への圧力

無料記事/ テクノロジー

今日3日、中国の配車アプリ滴滴出行(Didi、Didi Chuxing Technology)はニューヨーク証券取引所(NYSE)の上場廃止に向けた手続きを開始した。同社は、今年6月末にNYSEへ上場···

Web3 とは何か?急速に注目を集める新たなトレンド

有料記事/ テクノロジー

ここ数ヶ月、日本や米国などで Web3(もしくは Web3.0)という言葉が話題となっている。著名VCのAndreessen Horowitz(a16z)でパートナーを務めるアンドリュー・チェンは、以···

NFTとは何であり、なぜ今注目を集めているのか?

有料記事/ テクノロジー

2021年を通じて、NFT に関するニュースが日本中で話題となり、英辞典『Collins』による2021年の「Word of the Year(今年の単語)」にも NFT が選ばれた。2021年に販売···

オピニオン / 編集長より

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

社会

こども庁、2023年度に創設。その狙いと背景は?

無料記事/ 社会

野田聖子少子化相は30日、「こども庁」の創設時期について2023年度とする意向を示した。年内には基本方針を固め、来年の通常国会で同庁設置法案を提出する予定となっている。こども庁は、今年1月に菅政権下で···

国際線の新規予約停止が撤回、批判を受け。各国で進む対策

無料記事/ 社会

今日2日、松野博一官房長官は航空会社に対する国際線新規予約の一律停止要請を撤回したことを発表した。政府は昨日、オミクロン株の感染拡大を受けた水際対策として12月末日までの1ヶ月間、日本に着陸する国際線···

2022年、世界はどうなるのか?予測と展望

有料記事/ 社会

2022年がスタートした。昨年は、2020年に続いて新型コロナウイルスによるパンデミックが世界中を苦しめ、日本でも緊急事態宣言が繰り返されたが、ワクチン接種の加速によって終息も見えはじめた。政治的には···

社会問題・人権・環境

男性の「生きづらさ」とは何か?

無料記事/ 社会問題・人権・環境

11月19日は、男性の健康やジェンダー問題について考える国際男性デーだ。近年「女性」や「ジェンダー」に関する問題が、メディアなどで取り上げられる機会が増えたが、同時に「男性」や「男らしさ」に関する社会···

東京都、22年度に同性パートナーシップ制度導入へ

無料記事/ 社会問題・人権・環境

7日、小池百合子・東京都知事は東京都議会本会議で、22年度内にLGBTQなど性的少数者のカップルを公的に認める同性パートナーシップ制度の導入を発表した。今年度中に、制度の基本的な考え方などをまとめる方···

なぜ経口中絶薬の承認申請が注目を集め、批判を浴びているのか?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

英国の製薬会社ラインファーマは今月22日、厚生労働省に2種類の経口中絶薬について承認を申請した。承認されれば国内初の経口中絶薬となり、手術を伴わない人工妊娠中絶が可能となる。現在日本では薬剤による中絶···

ビジネス・経済

なぜ中国ワインが注目を集めているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

近年、中国ワインが注目を集めている。1996年の全国人民代表大会で、当時首相だった李鵬がワインの健康効果を絶賛して以来、中国のワイン市場は拡大した。国際ブドウ・ワイン機構(以下、OIV)によると、中国···

自動車各社、期間従業員への支給金2倍。重要な理由は?

無料記事/ ビジネス・経済

トヨタ自動車やSUBARUが、期間従業員への支給金を2倍にすることを日本経済新聞が報じている。期間従業員とは、期間が定められた労働契約を結ぶ労働者のことで、かつては季節工と呼ばれていた。報道によれば、···

中国・恒大集団がデフォルトか。株式市場への波及はひとまず回避

無料記事/ ビジネス・経済

今月7日、資金繰りに苦慮している中国・不動産大手の恒大集団が、一部の公募(オフショア)債の利払いをおこなっていないことが報じられた。利払い期限は日本時間7日午後で、支払額は8,250万ドル(約93億円···

新着のニュース

気象情報
宮崎県に乾燥注意報が発表されました

2022年01月17日 10:18

気象情報
愛知県に強風注意報が発表されました

2022年01月17日 10:14

気象情報
長野県に濃霧注意報が発表されました

2022年01月17日 06:26

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

著者

東京大学大学院博士課程
リサーチャー
リサーチャー
法政大学ほか非常勤講師
著者一覧