ウガンダは、どのような政治・人権状況にあるのか?五輪参加選手が失踪・難民申請の意向も

公開日 2021年07月30日 17:38,

更新日 2021年07月30日 17:39,

有料記事 / 政治・国際関係

東京五輪に参加するため来日した後、大阪・泉佐野市での合宿中に一時失踪したウガンダの重量挙げ選手のジュリアス・セチトレコが、自国で詐欺容疑によって拘束された。

同選手は「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事をしたい」と述べ、難民申請を希望する意向を見せていたが、日本の警察により同国大使館に引き渡された。この対応について、難民を支援する全国難民弁護団連絡会議は「失踪が反政府的な活動とみなされ、帰国後に過酷な処罰をされる危険がある」と指摘しているが、その懸念に現実性が増している状況だ。

ウガンダ政府は、今回の問題を「受け入れ難い裏切り行為」とした上で、同選手に「リハビリを継続していく」と発表しており、同選手の処遇に懸念が高まっている。ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領は「独裁的」とされ、国際的な人権団体アムネスティ・インターナショナルが人権状況を懸念するなど、公正な処分がなされると考えづらいためだ。

では、ウガンダはどのような政治、経済、そして人権状況にあるのだろうか?

ウガンダとは

ウガンダは、東アフリカに位置している内陸国で、1963年に英国の植民地から独立した。首都はカンパラで、面積は24.1万平方キロメートルでほぼ本州と同じ大きさ、人口は4,427万人(2019年時点)となっている。

ケニア、タンザニア、南スーダン、コンゴ民主共和国などと国境を接しており、広大で肥沃な土地により農業が盛んとなっている。


Google Map

 

ウガンダの政治状況

1986年以降、ウガンダは35年にわたってヨウェリ・ムセベニ大統領による政権が続いている。同大統領は、もともと長く続いた政治的混乱と独裁政権を打ち破るために、開発と民主主義の実現を約束して就任した。しかし、かつて「自由の闘士および解放者」と呼ばれていた面影はなく、今や「独裁的な指導者」と称される存在だ。


ムセベニ大統領(Wikimedia

1990年代:「新世代の指導者」

1990年代、ウガンダやルワンダ、エチオピアなどの指導者はアフリカにおける「新世代の指導者(new generation of leaders)」と称されて期待を集めていた。

続きを読む

この続き: 3,992文字 / 画像0枚

この記事を読むためには、月額980円のメンバーシップに参加するか単体購入が必要です。10日間の無料トライアルで、いますぐ読むことができます。

いますぐ無料トライアル

メンバーシップに関するご質問、決済や支払い方法などについては、「よくある質問」をご覧ください。

著者
編集長
1989年東京都生まれ。2015年、起業した会社を東証一部上場企業に売却後、2020年に本誌立ち上げ。早稲田大学政治学研究科 修士課程修了(政治学)。Abema TV『ABEMAヒルズ』、日テレ系『スッキリ』、現代ビジネス、TBS系『サンデー・ジャポン』などでもニュース解説をおこなう。関心領域は、メディアや政治思想、近代東アジア、テクノロジー時代の倫理と政治など。
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

おすすめの記事