複雑なニュースを、
一歩深く理解する。

政治や経済、テクノロジー、社会問題などのニュースを
わかりやすく解説するメディア
2024年5月20日無料記事92本有料記事559本

キーワード

デジタル課税/ 円安/ 2024年問題/ 生成 AI/ COP/ SHEIN/ エシカル消費/ ふるさと納税/ 日本版 DBS/ パーパス/ カーボンニュートラル/ 防衛費/ 少子化/ 経済安全保障/ グローバルサウス/ Web3/ リスキリング/ 人権デューディリジェンス/ ジャニーズ問題/ α(アルファ)世代/

ルッキズムとは何か?(1)外見による差別、機会・評価への影響

有料記事 / 社会問題・人権

東京五輪・パラリンピックで開閉会式の演出統括のクリエーティブディレクター佐々木宏氏が、渡辺直美氏の体型・容姿を侮辱する企画案を出したことで、辞任に至った。渡辺氏は、他人の身体的特徴を揶揄する風潮につい···

パートナーシップ制度とは何か?同性婚との違い、制度的意義は

有料記事 / 社会問題・人権

17日、同性同士の結婚が認められないのは「法の下の平等」や「婚姻の自由」などを保障した憲法に違反するとして、北海道内で3組の同性カップルが国を訴えた裁判で、札幌地裁は初めて「違憲」判決を下した。「14···

グラミー賞はなぜ批判されるのか?BTS、受賞逃す

有料記事 / 社会

2021年3月15日、世界の音楽業界で最大の賞の1つである、第63回グラミー賞授賞式が開催される。授賞式に先駆けて開催されたプレミアムセレモニーでは、ノミネートされていたBTSの楽曲「Dynamite···

福島第一原発事故から10年、今どうなっている?原発政策、事故の責任

有料記事 / 社会

10年前の2011年3月11日、観測史上最大規模となる東日本大震災が起きた。東北地方を中心として、12都道県で約2万2000人の死者(震災関連死を含む)・行方不明者が発生した他、東京電力の福島第一原発···

中国はなぜ国連の支配を進めようとしているのか

有料記事 / 政治

中国は、国連安全保障理事会の常任理事国の1つであり、2019年には国連の予算分担率でアメリカに次ぐ第2位の国となった。現在の中国は、国連の中で強い発言権や経済面での高い貢献があると言える。この中国が近···

ライブニュース

2023年5月1日 15:04
石田健(イシケン)・安倍元首相死去 = 演説中に銃で撃たれる
2023年5月1日 15:04
石田健(イシケン)・安倍元首相死去 = 演説中に銃で撃たれる
2023年5月1日 15:04
石田健(イシケン)・安倍元首相死去 = 演説中に銃で撃たれる
ライブニュース一覧

国際女性デーはなぜ生まれたのか?

有料記事 / 社会問題・人権

毎年3月8日は国際女性デーとして祝われている。Googleのトップ画像からお気づきの方も多いだろう。ロシアや中央アジア、東欧圏などでは公式の祝日とされており、また中国などでは女性のみの祝日となっている···

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事 / オピニオン・お知らせ

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(3)今後の行く末

有料記事 / 経済

- (2)より続く納車台数を順調に伸ばしているNIOだが、未だ黒字化は達成できていない。また、先行するTesla社に追いつくことができるのか、大きく膨らんでいる投資家の期待に応えるだけの成長を見せるこ···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(2)歴史

有料記事 / 経済

- (1)より続く前回述べたように、NIOは創業からわずか4年後となる、2018年には米国でIPOを果たして、世界でも広く知られる自動車メーカーとしての地位を獲得した。NIOは、創業から現在までにどの···

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIOとは(1)概要

有料記事 / ビジネス

EVといえば、イーロン・マスクが手掛けるTesla(テスラ)を思い浮かべる方が多いだろう。Tesla社は2020年の1年間で株価を8倍まで上昇させ、自動車メーカーとしてはトヨタを抜いて時価総額世界一位···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

📙 特集

AI競争、新時代

食の未来

新興宗教(統一教会)と政治

安倍元首相銃撃事件

特集の一覧

JTは、なぜ本社機能をスイスに移転?衰退する国内とスイスの立ち位置

有料記事 / 社会

2020年2月9日、日本たばこ産業株式会社(以下、JT)は日本市場を含むタバコ事業の本社機能を、スイスのジュネーブにある子会社 JTインターナショナル(以下、JTI)に一本化することを発表した。発表に···

なぜラグジュアリー業界が、ヒップホップ文化やセレブリティに接近するのか

有料記事 / 経済

新型コロナウイルスのパンデミックによって、世界的に酒類が販売禁止となったり飲食店が時短営業や営業停止となるなど、アルコール業界は大きな影響を受けた。こうした中で、他のアルコールよりも大きな影響を被った···

Robinhoodとは何か?金融を民主化する義賊か、1%を利する欺瞞か

有料記事 / 経済

1月末、コンピュータゲーム小売店のGameStop社の株価が高騰し、メルビン・キャピタルやシトロン・キャピタルなどのヘッジファンドが損失を被った。背景には、米・大手掲示板Redditのコミュニティー「···

エチオピアでなぜ武力衝突が起きたのか?現状や背景は

有料記事 / 政治

2020年11月初頭、アフリカ東部エチオピアで、北部ティグレ州を拠点とする政党のティグレ人民解放戦線(TPLF)と政府軍との間で武力衝突が起きた。エチオピア周辺地域は、古くから海上交通の要所である。紅···

上級国民とはなにか?格差社会の広がりとその風刺(3)

無料記事 / 社会

- (2)より続くこうした格差社会の問題は日本に限ったことではない。海外でもさまざまな格差が広がっており、各国の状況を反映した「上級国民」「一般国民」あるいは「下級国民」のような言葉が生まれ、広く使わ···

上級国民とは何か?格差社会の広がりとその風刺(2)

有料記事 / 社会

-(1)より続くここまで、近年起こった4つの事例から上級国民への批判を見てきた。これらの批判は、各職業分野で権威を持つ人々が、社会的に関心の高い出来事について、その責任を回避したり優遇されたりしたこと···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事 / オピニオン・お知らせ

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

上級国民とは何か?格差社会の広がりとその風刺(1)

有料記事 / 社会

2015年と2019年の流行語大賞で、「上級国民」という言葉がノミネートされた。それ以降、5ちゃんねるのようなインターネット掲示板やTwitterなどのSNSにとどまらず、新聞などのマスメディアでも継···

なぜミャンマーでクーデターが起きたのか?

有料記事 / 政治

今月1日、ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー国家顧問や与党・国民民主連盟(NLD)の幹部が拘束された。ミャンマー共和国は、1962年の軍事クーデターから長きにわたって軍事政権が続い···

夫婦別姓をめぐる歴史と論点(3)戦後改革による家制度の廃止・夫婦同姓の存続

有料記事 / 社会

日本では、明治初期まで慣習的に夫婦別姓が用いられていた。第2回で確認したとおり、その転換点となったのが、1898年(明治31年)の明治民法だ。明治民法のもとでは家族法の中心に家制度が置かれ、その思想に···

カテゴリ別新着記事

政治

0歳児に選挙権を与えることは可能か?維新・吉村代表、衆院選の公約に

無料記事

日本維新の会で共同代表を務める大阪府の吉村洋文知事が、次期衆院選において0歳児に選挙権を付与する公約を掲げると明らかにした。また X(旧Twitter)では、政治家が「本気で将来世代のことを考えた政治···

デモに意味はないのか?元乃木坂46・山崎怜奈氏の発言で物議

無料記事

元乃木坂46のタレント・山崎怜奈氏が読売テレビの情報番組・ウェークアップに出演した際のコメントが議論を呼んでいる。2024年5月4日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃に対し、アメリカの大学···

共同親権をめぐってどのような議論がなされたのか?これまでの質疑・答弁を振り返る

無料記事

2024年4月16日、離婚後の共同親権導入を柱とする民法改正案が衆議院で審議され、自民党・公明党・立憲民主党・日本維新の会・国民民主党・教育無償化を実現する会などの賛成多数で可決した。日本共産党・​​···

テクノロジー

シリコンバレーと中東は、なぜ再接近しているのか?マネーかモラルか、AI と米中冷戦で思惑

有料記事

シリコンバレーと中東が、関係を深めている。2023年から2024年の初頭にかけて、OpenAI のサム・アルトマンCEO は中東を歴訪し、AI のトレーニングに必要なインフラ投資のため、資金調達交渉を···

Google DeepMind の最新 AI モデルは何がすごいのか?創薬に革命をもたらす理由

有料記事

2024年5月8日(現地時間)、Google の AI 研究開発部門・Google DeepMind(以下、DeepMind)が新しい AI モデル・AlphaFold 3 を発表した。DeepMin···

なぜ宇宙ビジネスが盛り上がっている?今後5年で、1兆ドルの市場規模

有料記事

宇宙ビジネスに、かつてないほど注目が集まっている。Space Economy とも呼ばれる宇宙ビジネスの市場規模は過去10年で約1.6倍に拡大し、2030年までには1兆ドル(約150兆円)に達するとも···

オピニオン・お知らせ

ドラマ『不適切にもほどがある』をどう観るか?バックラッシュか伏線か、なぜ価値観の変化が要請されたのか

無料記事

以前から、各所よりちらほら「ドラマ『不適切にもほどがある』ってどう思いますか?」と聞かれていたので、個人的な所感。まず前提として、コンテンツは面白い必要がある。その意味で、他人に「このコンテンツをどう···

「誰を傷つける表現はダメ」がダメ - イシケンの部屋

有料記事

フェミニズムは、優れた問題提起をおこなうものの、解決策がイマイチという話はあると思っている。まあ一括りにフェミニズムと言ってしまうのは、とても雑なのだが。というのも、···

ロシア・ウクライナ戦争は、どうすれば終わるのか? - イシケンの部屋

有料記事

先日、ある共演者の方に「ロシアによるウクライナへの侵攻から2年が経ちましたが、どうすれば戦争が終わるんですか?」と(CM中の雑談として)聞かれた。時間がなくてあまり良い答えが出来なかったのだが、簡単に···

社会

Google DeepMind の最新 AI モデルは何がすごいのか?創薬に革命をもたらす理由

有料記事

2024年5月8日(現地時間)、Google の AI 研究開発部門・Google DeepMind(以下、DeepMind)が新しい AI モデル・AlphaFold 3 を発表した。DeepMin···

紅麹問題で注目、機能性表示食品はなぜ生まれた?=戦後のにせ薬、アベノミクスと業界のロビー活動

無料記事

小林製薬が製造した、紅麹(べにこうじ)原料の機能性表示食品に関する健康被害問題が深刻さを増している。3月29日時点で、摂取との関連が疑われる死亡者数は5人に達した。30日と31日には、大阪と和歌山の子···

なぜ世界的にアルコール離れが進んでいるのか?

有料記事

2024年1月、アサヒビールはアルコール度数の高いストロング系チューハイ販売の大幅縮小を発表した。同様の方針はサッポロビールも打ち出しており、ストロング系飲料からの撤退が業界の大きな潮流となりつつある···

社会問題・人権

なぜ、日本で無痛分娩は普及していないのか?俳優・生田斗真氏の発言で物議

有料記事

俳優・生田斗真氏の発言が物議を醸している。2024年5月、同氏は Instagram のストーリーで、「出産こわいよー」という不安を示した質問者に対し、「旦那様に無痛おねだりするか」と答えた。ここで言···

0歳児に選挙権を与えることは可能か?維新・吉村代表、衆院選の公約に

無料記事

日本維新の会で共同代表を務める大阪府の吉村洋文知事が、次期衆院選において0歳児に選挙権を付与する公約を掲げると明らかにした。また X(旧Twitter)では、政治家が「本気で将来世代のことを考えた政治···

デモに意味はないのか?元乃木坂46・山崎怜奈氏の発言で物議

無料記事

元乃木坂46のタレント・山崎怜奈氏が読売テレビの情報番組・ウェークアップに出演した際のコメントが議論を呼んでいる。2024年5月4日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃に対し、アメリカの大学···

経済

カカオ価格が歴史的な高騰、その理由は?= 天候不順だけではない要因

有料記事

2024年3月26日(現地時間)、カカオの価格が史上初めて、1トンあたり1万ドル(約150万円)を超えた。今年に入って 138% ほど価格が上昇しており、その上がり方は Nvidia 株の動きとほぼ同···

新 NISA 開始から1ヶ月半、誰がどのくらい参加? = 日本円流出で円安助長論も

有料記事

新 NISA(少額投資非課税制度)が開始してからおよそ1ヶ月半が経過し、最初の1ヶ月の利用状況などに関する集計データが公開され始めた。全世界株や米国株が人気銘柄となっている一方、そのあまりの人気ぶりか···

なぜテスラは日本市場に注目しているのか?背景に米中EV市場の低迷

有料記事

米EV大手・Tesla(テスラ)は1月24日(現地時間)、2023年第4四半期(Q4)決算を開示した。この決算報告の会見上、同社のイーロン・マスクCEOが日本市場について言及したことに注目が集まってい···

国際

シリコンバレーと中東は、なぜ再接近しているのか?マネーかモラルか、AI と米中冷戦で思惑

有料記事

シリコンバレーと中東が、関係を深めている。2023年から2024年の初頭にかけて、OpenAI のサム・アルトマンCEO は中東を歴訪し、AI のトレーニングに必要なインフラ投資のため、資金調達交渉を···

デモに意味はないのか?元乃木坂46・山崎怜奈氏の発言で物議

無料記事

元乃木坂46のタレント・山崎怜奈氏が読売テレビの情報番組・ウェークアップに出演した際のコメントが議論を呼んでいる。2024年5月4日、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃に対し、アメリカの大学···

親パレスチナの学生デモ拡大、逮捕者1,000人超え=アメリカの大学に何が起きているのか?

無料記事

4月30日(現地時間)、アメリカのコロンビア大学のキャンパス内に、ニューヨーク市警が突入し、建物を占拠していたデモの参加者たちの強制排除に乗り出した。コロンビア大学が面する通りを進む警察車両デモ参加者···

環境

グリーンハッシングとは何か?環境配慮を "あえてアピールしない" 理由は

有料記事

企業の間で、グリーンハッシング(green hushing)と呼ばれる現象が広がっている。グリーンは「環境」、ハッシングは「黙らせる」をそれぞれ意味する言葉だ。企業が実態に見合わない環境への配慮をアピ···

ネイチャーポジティブとは何か?カーボンニュートラルに次ぐ、企業開示の重要トピックへ

有料記事

今や、カーボンニュートラルは誰もが知る概念となったが、環境問題の世界では次なるキーコンセプトとして、ネイチャーポジティブが注目されている。ネイチャーポジティブは、生物多様性に関係する目標だ。生物多様性···

EUの人権・環境デューディリ規制に注目 = 日本企業800社にも影響か

有料記事

EUの人権・環境デューディリジェンス規制が、日本企業にも大きな影響を与えようとしている。デューディリジェンス(Due diligence)とは本来、「自分自身の財産などを守るためにとるべき合理的な行動···

ビジネス

なぜ宇宙ビジネスが盛り上がっている?今後5年で、1兆ドルの市場規模

有料記事

宇宙ビジネスに、かつてないほど注目が集まっている。Space Economy とも呼ばれる宇宙ビジネスの市場規模は過去10年で約1.6倍に拡大し、2030年までには1兆ドル(約150兆円)に達するとも···

グリーンハッシングとは何か?環境配慮を "あえてアピールしない" 理由は

有料記事

企業の間で、グリーンハッシング(green hushing)と呼ばれる現象が広がっている。グリーンは「環境」、ハッシングは「黙らせる」をそれぞれ意味する言葉だ。企業が実態に見合わない環境への配慮をアピ···

ネイチャーポジティブとは何か?カーボンニュートラルに次ぐ、企業開示の重要トピックへ

有料記事

今や、カーボンニュートラルは誰もが知る概念となったが、環境問題の世界では次なるキーコンセプトとして、ネイチャーポジティブが注目されている。ネイチャーポジティブは、生物多様性に関係する目標だ。生物多様性···

スポーツ

大谷翔平は、球界を永久追放される可能性があるのか?

有料記事

2024年3月20日(現地時間)、MLB(大リーグ)ロサンゼルス・ドジャースで大谷翔平選手の通訳を務める水原一平氏が、球団から解雇された。球団は理由を明らかにしていないが、水原氏の違法賭博が原因と見ら···

過去最高の市場規模となった米・スポーツ賭博、その実態は = 大谷翔平の通訳・水原一平氏、違法賭博で解雇

無料記事

2024年3月20日(現地時間)、MLB(大リーグ)ロサンゼルス・ドジャースで大谷翔平選手の通訳を務める水原一平氏が、違法賭博に関与したとして球団から解雇された。The Athletic 紙のファビア···

なぜカタールで、W杯が開催されたのか?

有料記事

11月20日に開幕したサッカーワールドカップ(以下、W杯)カタール大会では、日本代表が強豪ドイツとスペインを下して、決勝トーナメントに進出した。一方、その同大会には、さまざまな「闇」の部分が指摘されて···

🔥 いま読まれている記事

⚡ 速報

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

✍🏻 著者
シニアリサーチャー
編集長 / 早稲田大学招聘講師
シニアリサーチャー
リサーチャー
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま

気象・災害情報

ライフライン

スポーツ