News worth reading

わたしたちは、政治やテクノロジー、社会問題などのニュース解説メディアです。
メンバーシップを通じて、良質なコンテンツを届けていきます。
本誌について
2021年12月08日無料記事319本有料記事189本

ロシア・反プーチン政治家ら、相次いで化学薬品によって攻撃[ニュース]

無料記事/ 政治・国際関係

ロシアで、野党政治家や反プーチン活動家に対する攻撃がエスカレートしている。4月27日には、野党政治家アレクセイ・ナヴァルニーが緑の薬物を顔にかけられ、その翌日にはロシア統一民主党「ヤブロコ」のナターヤ···

なぜトルコは、Wikipediaを遮断するのか?[ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

大統領権限の強化を目指した選挙の後、混乱が続いているトルコだが、新たにWikipediaの遮断を行った。Wikipediaに掲載された記事に、トルコ政府とテロ組織の関係を主張する記述があり、これをWi···

なぜロシアのハッカーは、ヒラリーの次にマクロン候補を狙うのか?[ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

フランス大統領選挙で、マリーヌ・ルペンとの決選投票に進んだエマニュエル・マクロンが、サイバー攻撃を受けていたことが明らかになった。マクロンを攻撃したハッカーは、昨年の米・大統領選挙でヒラリー・クリント···

なぜアメリカは北朝鮮を攻撃せず、現時点で武力衝突の可能性は低いのか? [ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

北朝鮮情勢の緊迫が続いているが、専門家の間ではアメリカから北朝鮮を攻撃することは現実的に困難とされている。北朝鮮からの挑発も、従来からの延長線上だと言える。シリアは攻撃したのになぜ?アメリカが北朝鮮を···

なぜ明後日のフランス第1回大統領選挙に注目するべきか?[ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

フランスで23日、第1回大統領選挙が開催される。51%を獲得する候補者がいればすぐに大統領が決まるが、決選投票となる可能性が高い。現在の有力候補は4人だが、どこに注目するべきか?各候補とシナリオ①マリ···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

特集

女性の権利を考える

混乱の中の東京五輪

アフガニスタン情勢の20年を知る

気候変動という危機

特集の一覧

「朝鮮人虐殺の報告書を削除」は朝日新聞による誤報? [ニュース・追記あり]

無料記事/ 政治・国際関係

政府調査会の災害に関する報告書が内閣府サイトから削除されていると朝日新聞が報じた問題で、削除は「サイト・リニューアルによる一時的な閲覧不可」だと政府が否定した。政府関係者は、抗議によって朝鮮人虐殺の報···

なぜトルコの憲法改正に注目するべきなのか?[ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

トルコで16日、大統領権限の強化を目指した国民投票がおこなわれ、51.4%の賛成派が僅差で勝利した。賛成キャンペーンを推し進めたエルドアン大統領の権限強化は、トルコ国内外から注目が集まっている。背景・···

米、3年前から北朝鮮・ミサイル計画にサイバー攻撃 [ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

ニューヨーク・タイムズ紙によれば、アメリカは3年前から北朝鮮のミサイル計画に対してサイバー攻撃を続けている。この攻撃プログラムがスタートしてから、北朝鮮によるミサイル発射は立て続けに失敗。15日に発射···

朝鮮半島、高まる緊張の背景とシナリオ [ニュース解説]

無料記事/ 政治・国際関係

朝鮮半島で緊張が高まっている。14日には、中国・王毅外相が「取り返しのつかない事態に陥るのを防ぐ必要がある」と述べた一方、 北朝鮮の韓成烈外務次官は「アメリカが選択すれば、わたしたちは戦争する」と発言···

知識人とは何か?[コラム]

無料記事/ 政治・国際関係

ここ数日、以下のような記事を立て続けに読んだ。・人文学は何の役に立つのか?・人文学は何の役に立つのか?・季刊誌「考える人」休刊 消える「ユルい」思想誌個人的には、人文学系の意義については問題意識や「問···

BuzzFeedとは何か:その概要と知られざる創業者

無料記事/ テクノロジー

本記事は、2015年3月19日に公開した記事の再掲。再編集を行った上で、改めて公開する。BuzzFeedが、いよいよ日本に上陸することを明らかにした。日本においては、すでにバイラルメディア狂騒が落ち着···

BuzzFeed、2018年にIPOか:ティッカーシンボルは「BUZZ」?

無料記事/ テクノロジー

新興メディアAxiosによれば、BuzzFeedは2018年にIPO(新規株式公開)する模様。このAxiosというメディアは、元Politicoのマイク・アレン氏らが立ち上げたメディアで、最近は政治・···

なぜYコンW17に「効果的利他主義ファンド」が選ばれているのか?

無料記事/ テクノロジー

シリコンバレーの最も著名なアクセレーターの1つ、Yコンビネーターの2017年冬バッチに、「Effective Altruism Funds(効果的利他主義ファンド)」が選ばれている。これメッチャ良い。···

アフリカに深く浸透する中国:その関与は新たな段階に来ている

無料記事/ 政治・国際関係

中国が出資したアディス・アベバ-ジブチ鉄道(亚吉铁路)は、2016年10月から運行されているアフリカで初となる電気鉄道だ。エチオピアの首都とジブチ港を繋いでおり、内陸のエチオピアにとって重要となる海洋···

不平等はいかにして民主主義を脅かすか

無料記事/ 政治・国際関係

不平等は過去30年以上に渡って増加しており、最近のアメリカにおける国政選挙で広く議論される問題となっている。程度の差こそあるが、常に勝者と敗者が存在する市場経済において、所得格差は問題ではない。市場に···

ポスト冷戦時代が生んだトランプ勝利:「歴史の終わり」の終わり

無料記事/ 政治・国際関係

アメリカ大統領選挙でのドナルド・トランプの勝利と、イギリスのEU離脱という結果に驚きと衝撃をうけた世界は、その原因を経済に求めた。現代の経済発展の中核を担ってきたグローバリゼーションによって世界には勝···

3つのスピーチについて:オバマ、クリントン、そしてトランプ

無料記事/ 政治・国際関係

かつて我々は、アメリカ合衆国大統領を有能なリーダーであり、道義をわきまえた勇敢な代表だと考えていたが、2016年アメリカ大統領選挙の恐ろしさには驚愕している。その選挙はもうすぐ終結するだろうが、そうな···

ポリティカル・コレクトネスの時代とその誤解:なにが「ポリコレ疲れ」を生んでいるのか?

無料記事/ 社会問題・人権・環境

アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプが勝利したことは、全世界で多くの衝撃を持って受け止められている。なぜトランプが勝利したのか?あるいは、なぜ事前調査で優勢と見られていたヒラリー・クリントンが敗北し···

アリアナ・ハフィントン氏、Huffington Post を退任

無料記事/ テクノロジー

Huffington Postの創業者・編集長を務めるアリアナ・ハフィントン氏が、同社を退任します。自身が立ち上げたヘルスケア・ウェルネス系のスタートアップであるThrive Globalに注力するた···

Pokémon Goが人気すぎて、斜め上のサービスが登場している件について

無料記事/ テクノロジー

世界中で大人気のPokémon Goですが、あまりにも人気を集めすぎて、トラブルやギャグみたいな話題も生まれています。アメリカ・ワイオミング州では、ポケモンを探しに川へ行った女性が、ポケモンの代わりに···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

コロナ禍で、欧米の移民・難民政策はどのように変化したか?

有料記事/ 政治・国際関係

欧米各国で移民・難民問題が再燃している。米国とメキシコの国境沿いには、数千人のハイチ人らが押し寄せ、ヨーロッパでもスペインやイタリアの海岸沿いに、北アフリカ諸国から大量の人々が殺到している。コロナ禍以···

なぜレバノンで緊張が高まっているのか?長引く経済危機と不安定な政治体制

有料記事/ 政治・国際関係

中東・レバノンの首都ベイルートで10月14日、昨年の大規模爆発事故捜査に対する抗議デモで参加者を狙った発砲があり、銃撃戦へと発展した。死傷者は少なくとも38人にのぼり、これは近年のレバノンにおける最悪···

米国、北京冬季五輪を外交的ボイコット

無料記事/ 政治・国際関係

今月6日、米国政府は来年2月に開催される北京冬季オリンピック・パラリンピック大会に外交団を派遣しない、いわゆる外交的ボイコットを発表した。先月バイデン大統領は、新疆ウイグル自治区におけるジェノサイドを···

テクノロジー

なぜNIKEはバーチャルアイテムの商標を申請したのか?

有料記事/ テクノロジー

今月2日、大手スポーツブランドNIKEが、バーチャルアイテムの商標を申請した。米国特許商標庁(USPTO)の記録によれば、申請は10月27日から28日にかけておこなわれており、「NIKE」「JUST ···

Twitter、ジャック・ドーシーCEOが退任。ポイントと背景

無料記事/ テクノロジー

29日、Twitter社の創業者であるジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が退任を発表した。任期満了となる2022年5月には、取締役も退任予定だ。ドーシー氏は、Twitterを創業した2006年···

Didi、米上場廃止手続きを開始。つづく中国企業への圧力

有料記事/ テクノロジー

今日3日、中国の配車アプリ滴滴出行(Didi、Didi Chuxing Technology)はニューヨーク証券取引所(NYSE)の上場廃止に向けた手続きを開始した。同社は、今年6月末にNYSEへ上場···

オピニオン / 編集長より

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

社会

新たな変異株「オミクロン株」について、今わかっていること

有料記事/ 社会

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」について、日本で初めて感染者が確認された。アフリカ南部ナミビアから入国した30代男性であり、全外国人の新規入国を原則停止してから約16時間後の出来事だった···

こども庁、2023年度に創設。その狙いと背景は?

無料記事/ 社会

野田聖子少子化相は30日、「こども庁」の創設時期について2023年度とする意向を示した。年内には基本方針を固め、来年の通常国会で同庁設置法案を提出する予定となっている。こども庁は、今年1月に菅政権下で···

国際線の新規予約停止が撤回、批判を受け。各国で進む対策

無料記事/ 社会

今日2日、松野博一官房長官は航空会社に対する国際線新規予約の一律停止要請を撤回したことを発表した。政府は昨日、オミクロン株の感染拡大を受けた水際対策として12月末日までの1ヶ月間、日本に着陸する国際線···

社会問題・人権・環境

なぜ中国で電力危機が起きているのか?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

2021年9月から、中国で過去20年間で最大規模となる電力危機が起きている。電力危機は、南部の広東省や東北の遼寧省など複数、そして広範な地域に及んでいる。中国当局によると、9月から10月にかけて31の···

スポンジ都市とはなにか?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

今年7月、中国の鄭州市で292人が犠牲となる大規模な洪水が起こった。この洪水の原因となった雨は、わずか3日で約1年分の降水量が観測された記録的な豪雨とされている。しかし鄭州市では、中国で増加する洪水の···

男性の「生きづらさ」とは何か?

無料記事/ 社会問題・人権・環境

11月19日は、男性の健康やジェンダー問題について考える国際男性デーだ。近年「女性」や「ジェンダー」に関する問題が、メディアなどで取り上げられる機会が増えたが、同時に「男性」や「男らしさ」に関する社会···

ビジネス・経済

なぜ中国ワインが注目を集めているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

近年、中国ワインが注目を集めている。1996年の全国人民代表大会で、当時首相だった李鵬がワインの健康効果を絶賛して以来、中国のワイン市場は拡大した。国際ブドウ・ワイン機構(以下、OIV)によると、中国···

自動車各社、期間従業員への支給金2倍。重要な理由は?

無料記事/ ビジネス・経済

トヨタ自動車やSUBARUが、期間従業員への支給金を2倍にすることを日本経済新聞が報じている。期間従業員とは、期間が定められた労働契約を結ぶ労働者のことで、かつては季節工と呼ばれていた。報道によれば、···

中国・恒大集団がデフォルトか。株式市場への波及はひとまず回避

無料記事/ ビジネス・経済

今月7日、資金繰りに苦慮している中国・不動産大手の恒大集団が、一部の公募(オフショア)債の利払いをおこなっていないことが報じられた。利払い期限は日本時間7日午後で、支払額は8,250万ドル(約93億円···

新着のニュース

気象情報
岩手県に波浪注意報が発表されました

2021年12月07日 21:08

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

著者

リサーチャー
リサーチャー
法政大学ほか非常勤講師
レポーター
著者一覧