News worth reading

わたしたちは、政治やテクノロジー、社会問題などのニュース解説メディアです。
メンバーシップを通じて、良質なコンテンツを届けていきます。
本誌について
2021年10月24日無料記事309本有料記事173本

事前チェックと報道の倫理性:現代における編集権の問題について

無料記事/ テクノロジー

Business Insiderの取材を受けた起業家のツイートが話題を集めている。事前チェックを受けられなかったことで、取材対象者の意図とは異なる記事が公開されてしまったことへの批判だ。え、なにこのP···

三浦瑠麗氏による発言の何が問題なのか?:効果・リスク・アカウンタビリティ

無料記事/ 政治・国際関係

国際政治学者・三浦瑠麗氏がフジテレビ系『ワイドナショー』に出演し、北朝鮮のテロリストは日本や韓国に潜んでおり、「いま大阪がヤバいと言われている」と発言した。発言に対して多くの批判が寄せられているが、同···

なぜわたしたちは部族主義に抗う必要があるのか?:コインチェック問題とヒラリー・クリントン

無料記事/ オピニオン / 編集長より

先日、現代ビジネスに「仮想通貨580億円流出事件で露呈したメディアとテック業界の深い溝」という記事を寄稿した。すると、とある友人から「なぜわざわざ火の粉が飛んできそうなトピックについて書くのか?」とい···

フィデリティが仮想通貨に注力する理由とは?

無料記事/ テクノロジー

フィデリティ・インベストメンツのCEOアビゲイル・ジョンソンは、今年5月にニューヨークで開催された世界最大の仮想通貨カンファレンス「Consensus 2017」の席上で、同社がビットコインなどのマイ···

AirbnbがWeWorkと提携、ビジネストラベル市場で攻勢

無料記事/ テクノロジー

民泊最大手のAirbnbがコワーキングスペース運営のWeWorkと提携することを、ブルームバーグなど複数の海外メディアが伝えています。ビジネスホテルで利用可能なサービスをプロジェクトに近い人物がブルー···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

特集

女性の権利を考える

混乱の中の東京五輪

アフガニスタン情勢の20年を知る

気候変動という危機

特集の一覧

「仮想通貨から目を背けるべきではない」IMFのラガルド理事がコメント

無料記事/ テクノロジー

IMFのクリスティーヌ・ラガルド専務理事がイングランド銀行主催のカンファレンスで、仮想通貨について「目を背けるべきではない」と語りました。『仮想通貨・新たな金融仲介モデル・AIという3つのイノベーショ···

Lyftがフォードと提携、自動運転技術のパートナーをさらに拡大

無料記事/ テクノロジー

配車サービスのLyftが、米自動車大手のフォード社との提携を発表しました。今回の提携は、フォードが開発する自動運転車を将来的にLyftのサービス上で利用可能にすることを目指すもので、ロイターによると、···

Amazonが米フードデリバリー企業のOloと提携、「Amazon Restaurants」サービスに注力か

無料記事/ テクノロジー

ECやクラウドサービス、動画・音楽配信サービスなど、様々な事業分野で驚異的な成長を続けているAmazonですが、このたびオンラインフードデリバリーサービスを手がけるOlo社と提携することをロイターなど···

SpotifyがHuluとのバンドルサービスを開始、米国の大学生に月5ドルで

無料記事/ テクノロジー

3大レーベルとの再契約やオリジナルのポッドキャスト番組のスタートなど、好調なニュースが続くSpotifyですが、このたび米国で学生向けにHuluとのバンドルサービスを新たに開始したとブルームバーグなど···

「個人へのパワーシフト」が進む時代の未来予測:メガトレンドは何をもたらすのか?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

先日筆者は「個人が信用によって資本をレバレッジさせる時代:評価経済に訪れる新たな闘争」という記事を書き、多くの人に感心を持ってもらいました。記事の内容は、個人の「信頼」が新たな資本の一部となり、それが···

R3がRippleを提訴、XRP購入に関する契約めぐり:仮想通貨業界に大きな影響力

無料記事/ テクノロジー

ニューヨークに拠点を置く仮想通貨スタートアップのR3社が、同じく仮想通貨のスタートアップであるリップル社をデラウェア州の衡平法裁判所(Chancery Court)に提訴したと、ロイターやフィナンシ···

ロシア関連企業、大統領選挙でFacebookに総額10万ドルの広告:フェイクニュースなど拡散

無料記事/ 政治・国際関係

大統領選挙で利用された大量の広告やFacebookページについて調査をおこなっているFacebook社は、3000以上の広告でロシアとの関与が疑われることを明らかにしました。こうした広告の大半は、LG···

空飛ぶタクシーの独・リリウム社、テンセントなどから$90Mを調達

無料記事/ テクノロジー

ピーター・ティールが大きなイノベーションに挑戦しないテック業界を「空飛ぶ車が欲しかったのに、手にしたのは140文字だ」と揶揄してから暫く経ちますが、空飛ぶ車は着々と実用化に向かっています。空飛ぶタクシ···

アリババ、顔認証による支払い「smile to pay」を中国でスタート

無料記事/ テクノロジー

中国がデジタル決済先進国であることは疑いない事実ですが、アリババ社はついに顔認証を使った決済サービスを始めます。傘下のアント・ファイナンシャルは、中国湖北省・黄岡市のケンタッキー(KFC)で「smil···

Lyft、米国のサービスを40州に一挙拡大:Uberへの攻勢を本格化

無料記事/ テクノロジー

配車サービスのLyftが、これまでニューヨークやフロリダ・ハワイなどの8州のみで展開していた米国内での配車サービスを40州へ拡大すると複数の海外メディアが伝えており、すでに公式サイトでも新たなカバーエ···

Spotify、ワーナーミュージックとのライセンス契約完了:3大メジャー全てと再契約しIPOへ盤石

無料記事/ テクノロジー

音楽ストリーミングサービスを運営するSpotifyが、ワーナーミュージックとライセンスの再契約を締結したことをBBCなど複数メディアが報じています。同社は、2017年4月にユニバーサルミュージック、7···

[追記] Uber新CEO、エクスペディアCEOダラ・コスロシャヒ氏に決定

無料記事/ テクノロジー

GE前CEOのジェフ・イメルトや、ヒューレット・パッカードCEOのメグ・ホイットマンらの名前が挙がっているUberの新たなCEOですが、ここへきてエクスペディアCEOのダラ・コスロシャヒの名前が急浮上···

Wantedlyによる「写真を無断利用」の論理について:インターネットにおける画像引用

無料記事/ オピニオン / 編集長より

すでに話題になっていますが、ウォンテッドリー社が「画像の無断使用はやめていただきたい」として、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づいて、Google・Twitterに同社を批判したブロク記事の···

Uber、社内の混乱とは対照的に第2四半期も順調に成長

無料記事/ テクノロジー

AXIOSの報道によれば、混乱が続くUberのコアビジネスは順調に進んでいるようです。第2四半期の総予約(Gross Booking)は87億ドルで、前年同期比で17%増となりました。第2四半期の各指···

Snapchat、24歳以下の若者で初めてFacebookのユーザー数を上回る予測

無料記事/ 政治・国際関係

eMarketerの調査によれば、Facebookは12-17歳のユーザーが今年はじめて減少する見込みとなりました。12-24歳のユーザー数はSnapchatがはじめて首位を奪い、若い世代から人気を集···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

経済安全保障とは何か?米中対立と新たな担当大臣により注目

有料記事/ 政治・国際関係

今月5日、岸田内閣が正式に発足して新たに20人の閣僚が決定した。中でも、新たに設けられた経済安全保障担当大臣には、当選3回で40代の小林鷹之議員が任命されたことで注目を集めている。経済安全保障について···

なぜ女性議員は少なく、そして増えるべきなのか?日本における女性政治家の現状

無料記事/ 政治・国際関係

2021年の自民党総裁選で、初めて複数人の女性議員が立候補している。1955年の結党以来、首相の大半を輩出してきた自民党総裁選で、過去に立候補した女性は小池百合子東京都知事のみ(2008年)だった。小···

2021年衆院選のポイント・各党の政策は?

無料記事/ 政治・国際関係

今月19日、第49回衆議院議員総選挙(衆院選2021)が公示され、31日の投開票に向けて12日間の選挙戦が開始された。今回の選挙のポイント、そして自由民主党(自民)や立憲民主党(立憲)をはじめとした9···

テクノロジー

Uberのドライバーは「従業員」なのか?ギグワーカーの権利闘争をめぐる各国の現状

有料記事/ テクノロジー

2021年6月22日、警視庁はフードデリバリーサービスUber Eatsを運営している日本法人の元代表ら2人と法人としての同社を、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで東京地検に書類送検した。日本での···

Appleは、なぜApp Store外での決済方法を認めたのか?

有料記事/ テクノロジー

先月26日、Apple社はApple Storeにおける制限緩和を発表した。主に7つの優先的な制限緩和があるものの、多くの開発者から注目を集めているのは、AppleがApp Storeを経由しない決済···

メタバースとはなにか?Facebookら続々投資する「次のインターネット」?

有料記事/ テクノロジー

2021年8月、Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグは、傘下のVR企業Oculusにおいて、仮想空間の会議サービスHorizon Workroomsのベータ版を提供開始することを発表した。···

オピニオン / 編集長より

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

社会

BTSの楽曲は、なぜアメリカのラジオで再生されないのか?

有料記事/ 社会

BTSが「21世紀のビートルズ」であることは疑いなく、彼らは「Dynamite」や「Butter」などの大ヒット曲で、次々と世界中のチャートを席巻している。特に「Butter」は、米Billboard···

デルタ株により、世界はいまどのような状況にあるのか?

有料記事/ 社会

5日、感染者が全国で初めて1万5,000人超えるなど、全国的な感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。その背景にあるのは、8月初旬時点で関東で約90%、関西で約60%に達したと推計されるデルタ株だ。そ···

アシッドアタックとは何か?

有料記事/ 社会

今月24日、東京・港区にある地下鉄・白金高輪駅で男性が顔に硫酸をかけられて大けがをした事件で、警視庁は28日、容疑者の男性を逮捕した。容疑者は、大学時代に被害者と同じサークルだったものの、現時点で詳し···

社会問題・人権・環境

トキシック・マスキュリニティ(有害な男性性)とは何か?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

近年、ジェンダーにまつわる諸問題への関心が高まっている。SDGsの達成目標にジェンダー平等の達成が組み込まれ、#MeTooムーブメントやフラワーデモなどの運動を通じて、女性の権利をめぐる種々の課題が浮···

電源構成とはなにか?ベストミックスが求められる理由

有料記事/ 社会問題・人権・環境

中国・習近平国家主席は21日、中国が国外で新たに石炭火力発電所を建設しないことを表明した。国際社会でカーボンニュートラルに向けた取り組みが加速する中、大国として新たな公約を示すことで気候変動対策の先頭···

再エネ賦課金とはなにか?なぜ電気代に加算され、高騰し続けているのか?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

昨年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を正味ゼロにするカーボンニュートラルを宣言した。2015年に採択されたパリ協定のもと、日本だけでなく120以上の国・地域が、2050年前後までにカー···

ビジネス・経済

BTSは、なぜ成功したのか?(3)桁外れの成功の理由

有料記事/ ビジネス・経済

前回述べたように、スキャンダラスなイメージさえあった弱小事務所であるHYBE(ハイブ、旧称:BigHitエンターテイメント)そしてBTSは、いかにして現在の地位を確立したのだろうか。事務所の戦略、BT···

なぜ中国・恒大集団に世界中が注目しているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

20日、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が一時900ドル以上の下落をみせた。背景には、中国の不動産大手・恒大集団(Evergrande Group)の資金繰りについて懸念の高まりがあり、連鎖···

なぜ岸田首相は金融所得税を見直そうとしているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

今月10日、岸田文雄首相は金融所得課税の見直しについて「当面は触るということは考えていない。そこばかり注目されてすぐやるんじゃないかという誤解が広がっている」と発言した。同首相は「成長の果実の分配や国···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

著者

The HEADLINE編集長
法政大学ほか非常勤講師
リサーチャー
著者一覧