News worth reading.

The HEADLINEは、政治やテクノロジーを中心とした有料購読メディアです。

世界のメディアからライセンスした良質なコンテンツや、ニュースを深堀りした解説を届けます。

無料記事 195本, 有料記事 2本
テック, メディア

元NFL Network番組編成担当のトップ、ロシア国営・ガスプロムのメディア企業に移籍

無料記事

元NFL Networkの番組編成担当のトップだったチャールズ・コプリン氏が、ロシア国営天然ガス企業ガスプロムのメディア企業に移籍。ガスプロムの名前を聞いてピンときた方は、ウクライナ情勢に関心のある方···
石田 健
テック, メディア

英ピアソン、Economist株も売り出しへ:Economistという "Zeitgeist" について

無料記事

FTを日経に売却したことで、その動向に注目が集まっている英ピアソンですが、やはりEconomist株も売却予定だそうです。さて、これは個人的な意見ですが、Economist株がどこに売却されるのかとい···
石田 健
テック, メディア

FTの「編集権の独立」を懸念する声が相次ぐ:日経のオリンパス報道も引き合いに

無料記事

案の定という感じですが、FTの「編集権の独立」を懸念する声が上がっています。記事では、2011年に起きたオリンパス粉飾決算事件について、自国の不祥事でありながら、彼らがFTやブルームバーグの後追い報道···
石田 健
政治・国際関係

ナショナリズム団体「日本会議」の危険性:エコノミスト紙や仏誌が相次いで指摘

無料記事

英・The Economist紙や仏・L’Obs誌などが相次いで、日本の危険な右翼団体「日本会議」が、安倍政権の政策に大きな影響を与えていると報じている。民族主義の思想を掲げた、日本で最も強力なロビー···
石田 健
政治・国際関係

文部科学省「人文学とか役に立たないんだから、その学部いらないっしょ」

無料記事

文部科学省は8日、これまでの学部を「社会の要請」にあわせて見直すように、全国の国立大学に対して通知をおこなった。中でも、文学部をはじめとした人文系の学部・大学院について、廃止・配置転換を求める意向だと···
石田 健
政治・国際関係

なぜ集団的自衛権の行使容認は、戦後日本の安全保障にとって大転換なの?

無料記事

1日夕方、安倍内閣は臨時閣議を開催して、憲法解釈によって集団的自衛権の行使を認める閣議決定をおこないました。これまで、日本が直接攻撃を受けた場合に防衛をおこなう「専守防衛」に徹してきた日本にとっては、···
石田 健
政治・国際関係

新宿・焼身自殺未遂事件を伝えたまとめサイト、バイラルメディア、そしてソーシャルメディア(追記有り)

無料記事

29日、新宿駅南口である男性が焼身自殺未遂をはかったことがネットで次々と拡散された。TwitterやFacebookには現地に居合わせた人々が写真をアップし、大手メディアが報じるよりも早く情報が広まっ···
石田 健
政治・国際関係

いかに野次問題を「品位」「個人のパーソナリティ」「セクハラ」に矮小化させないか

無料記事

東京都議会において、女性の結婚・出産などに関する支援について質問をおこなった塩村文夏議員に対して、「早く結婚しろ」などと野次が飛んだ問題について、野次を飛ばした1人が都議会自民党・政調会長代行をつとめ···
石田 健
政治・国際関係

石原伸晃環境相の「金目」発言が生まれた、福島における中間貯蔵施設の建設とは?

無料記事

石原伸晃環境相が、東京電力福島第一原発事故の除染によって生じた汚染土などを保管する中間貯蔵施設について、「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した問題について、石原氏が23日に福島県を直接訪れて謝罪する···
石田 健
政治・国際関係

なぜ、河野談話の検証が(今になって)おこなわれたの?

無料記事

政府は21日、従軍慰安婦の問題をめぐって謝罪と反省を示した河野内閣官房長官談話(河野談話)について、有識者による検証結果を公表した。この中で、本人たちの意志に反する「強制性」や、お詫びと反省などの文言···
石田 健
政治・国際関係

米「ストラトフォー」が示唆するポストウクライナの米国の国防政策とは?

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。本稿では、インテリジェンス企業ストラトフォーの公式サイトに4月8日に掲載された“U.S. D···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

(続報)米国政府機関がウクライナのクーデターに資金提供を行っていた

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。3月5日の拙稿「米国政府機関がウクライナのクーデターに資金提供を行っていた」でウクライナのヤ···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

ドイツ誌『シュピーゲル』によるロシア分析:ロシアにとってクリミア危機の意味とは?

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。本稿では、3月25日にドイツ誌『シュピーゲル』のサイトに掲載されたロシアの論理を分析した記事···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

ロシア、クリミアを経済特区に決定:カリーニングラードと同様に?

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。本稿では、ロシアのメドベージェフ首相がクリミアを経済特区にするという考えを表明したというニュ···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

エネルギーの輸入に依存する欧州のジレンマとは?

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。本稿では、欧州問題を専門とする欧州で唯一の民間の政策研究誌であるEurope’s World···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

国際社会からの孤立、ポストロシアの世界秩序とは?

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。本稿では、「Project Syndicate」という言論サイトに今月19日に掲載された論考···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

中央アジアから見たウクライナ問題

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。前回の寄稿ではイスラエルから見たウクライナ問題というテーマを扱ったが、今回は中央アジアから見···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

イスラエルから見たウクライナ問題

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。本稿では、中東の戦略国家イスラエルのシンクタンクである国立安全保障研究所のズヴィ・メーゲン主···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

クリミアの住民投票から考えるその戦略的重要性

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。16日に行われたウクライナ南部クリミア自治共和国のロシア編入を問う住民投票でロシア編入を支持···
Kazuya Hirai
政治・国際関係

世論調査で米国人の72%がロシアを敵視していることが判明

無料記事

編集部注:本記事は翻訳家・平井和也氏の寄稿。同氏は、人文科学・社会科学分野の日英・英日翻訳をおこなっている。ウクライナ情勢を巡って欧米各国、ロシア、ウクライナ、クリミアがそれぞれの立場から主張を繰り広···
Kazuya Hirai