複雑なニュースを、
一歩深く理解する。

政治や経済、テクノロジー、社会問題などのニュースをわかりやすく解説するメディア
2022年08月19日無料記事352本有料記事285本

わたしたちについて

電気自動車への移行は、世界でどのように計画されているか?

有料記事 / ビジネス・経済

EU(欧州委員会)は先月15日、2035年からガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止し、ゼロエミッション車への切り替えを促進することを提案した。EUの定義するゼロエミッション車とは、電気自動車(EV···

なぜホロコーストのジョーク・揶揄は強く問題視されるのか?

無料記事 / 社会問題・人権・環境

今月20日、東京オリンピック・パラリンピック大会の開会式に関連して、ミュージシャンの小山田圭吾とショーディレクターの小林賢太郎が相次いで、辞任・解任となった。20年以上前の発言・行動にもとづいて処罰が···

ウガンダは、どのような政治・人権状況にあるのか?五輪参加選手が失踪・難民申請の意向も

有料記事 / 政治・国際関係

東京五輪に参加するため来日した後、大阪・泉佐野市での合宿中に一時失踪したウガンダの重量挙げ選手のジュリアス・セチトレコが、自国で詐欺容疑によって拘束された。同選手は「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕···

外国人向けの医療はどのような状況にあるのか?:ベトナム人技能実習生の死産の背景とは

有料記事 / 社会問題・人権・環境

2020年11月、熊本県の農家で働いていたベトナム人技能実習生レー・ティ・トゥイ・リンが、死産した双子の遺体を自宅に放置したとして、2021年7月20日に死体遺棄罪での有罪判決(執行猶予付き)が出され···

キャンセルカルチャーとは何か?五輪開会式におけるクリエイターの辞任は「行き過ぎた対応」か

無料記事 / 社会問題・人権・環境

[本記事のまとめ]キャンセルカルチャー批判は、その曖昧な用法や定義に起因しているケースが少なくない「周縁化された人々からの異議申し立て」としての起源は、十分理解されていない問題はキャンセルカルチャーの···

ライブニュース

ライブニュース一覧

韓国憲政史上、初めての30代党首イ・ジュンソクとは誰か?大統領選にむけて旋風

有料記事 / 政治・国際関係

来年3月に大統領選挙を控えた韓国で、野党「国民の力」の党首イ・ジュンソク(李俊錫、이준석)が注目を集めている。韓国の主要政党としては憲政史上初となる30代での代表就任となり、ムン・ジェイン(文在寅)政···

BTSの楽曲は、なぜアメリカのラジオで再生されないのか?

有料記事 / 社会

BTSが「21世紀のビートルズ」であることは疑いなく、彼らは「Dynamite」や「Butter」などの大ヒット曲で、次々と世界中のチャートを席巻している。特に「Butter」は、米Billboard···

なぜ中国当局は、手のひらを返して自国のテック企業の取り締り強化に乗り出したのか?

有料記事 / 政治・国際関係

今月2日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に前月30日に上場したばかりのDidi Chuxing(滴滴出行)について、中国当局は「国家安全保障の保護」を目的として調査に乗り出したことを発表した。同社···

世論はオリンピック開催を望んでいるのか?また政治家はなぜ開催に固執するのか?

無料記事 / 政治・国際関係

[本記事のまとめ]宣言前、必ずしも五輪の「中止」や「延期」が、世論の大部分を占めていたわけではない。むしろネットの声とは裏腹に、「開催」を望む声は増加していた。政治家が五輪開催に固執する理由は、金や利···

米NASDAQは、なぜ上場企業に対して多様性の義務化を課したのか?

有料記事 / 社会問題・人権・環境

2020年12月1日、株式市場NASDAQ(ナスダック)は、取締役会の多様性(ダイバーシティ)およびその情報開示に関する新たな上場規則の提案を米国証券取引委員会(SEC)に提出した。この提案がSECか···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

📙 特集

新興宗教(統一教会)と政治

安倍元首相銃撃事件

Web3を理解する

ウクライナ侵攻を考える

特集の一覧

なぜ天皇は政治的行為を禁止されているのか?

有料記事 / 政治・国際関係

先月24日、宮内庁長官の西村泰彦は定例会見において「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と発言した。その上で「国民の···

ワクチンパスポートは、どの国でどのように導入されているか?日本から海外への渡航は?

有料記事 / 社会

日本政府は先月25日、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」について、7月中に交付手続きを開始することを明らかにした。日本で導入予定のワクチンパスポートは、海外へ渡航する旅券···

アスリートのメンタルヘルスにメディア報道が与える影響は?(2)スポーツメディアの諸問題

有料記事 / 社会問題・人権・環境

-(1)より続く前回見たように、アスリートのメンタルヘルスに注目が集まる中、メディア報道が及ぼす悪影響に、人種・ジェンダーなどの観点から批判や懸念が呈されている。メディア対応は、アスリートが仕事で直面···

アスリートのメンタルヘルスにメディア報道が与える影響は?(1)大坂なおみ選手の問題提起

有料記事 / 社会問題・人権・環境

テニスの四大国際大会として知られる全仏オープンで、大坂なおみ選手が試合後の記者会見を拒否し、その後大会を棄権した。彼女は大会前から会見には応じない意向を示していたが、フランステニス連盟をはじめとする大···

ワクチン接種後に何人が死亡しており、その数字をどのように解釈すれば良いのか?

無料記事 / 社会

今月10日、TBSが「【独自】ワクチン接種後に190人以上死亡、遺族『詳細な調査を』(キャッシュ)」という記事を公開した。すでに同記事は削除されているが、YouTubeには同様の報道が残っている。ワク···

Uberのドライバーは「従業員」なのか?ギグワーカーの権利闘争をめぐる各国の現状

有料記事 / テクノロジー

2021年6月22日、警視庁はフードデリバリーサービスUber Eatsを運営している日本法人の元代表ら2人と法人としての同社を、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで東京地検に書類送検した。日本での···

なぜ最高裁は、夫婦同姓を「合憲」と判断したのか?

有料記事 / 社会問題・人権・環境

[本記事のまとめ]「合憲」判断は、あくまで「民法と戸籍法の条文が憲法違反ではない」ということ。夫婦同姓の是非や具体的な制度については、国会で議論・判断されるべきとも指摘。特に憲法24条との関係で、法制···

クリエイターエコノミーとは何か?(3)見えてきた功罪

有料記事 / テクノロジー

-(2)より続くここまでクリエイターエコノミーの概要やビジネスモデル、多角化するマネタイズ手段について見てきた。最後に、その懸念を見た後、可能性や未来への示唆について考えていく。クリエイターエコノミー···

クリエイターエコノミーとは何か?(2)多様な収益化モデルと活発な動向

有料記事 / テクノロジー

-(1)より続く前回見てきたように、クリエイターエコノミーには多様なバリューチェーンがあり、「未来の仕事(the Future of Work)」としての経済圏が整備され始めている。中でもポイントは、···

クリエイターエコノミーとは何か?(1)概要とビジネスモデル

有料記事 / テクノロジー

2021年4月、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOは、傘下のInstagramにおいてクリエイターの収益化を支援する新機能を発表した。Instagramはすでに、企業のスポンサー投稿によっ···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

[追記] 統一教会との関与が示された議員・知事ら121名一覧。新岸田内閣から首相経験者、現職議員まで

有料記事 / 政治・国際関係

7月8日、奈良市内で街頭演説をおこなっていた安倍晋三元首相が銃撃・殺害された事件に端を発して、政界と旧統一教会(*1)の関係に注目が集まっている。関連記事:統一教会とは何か?安倍晋三・岸信介元首相らと···

戦時ウクライナにおける性暴力の実態。少女らが受ける凄惨な被害

有料記事 / 政治・国際関係

(注)本記事には、凄惨な性暴力に関する記述などが含まれています。ロシアの侵攻を受けたウクライナでは現在も戦争が続いており、民間人の犠牲者は4,700人以上と推計されている。(*1)しかしウクライナ側の···

ライシテとは何か?フランスにおける政教分離の実態

有料記事 / 政治・国際関係

安倍晋三元首相が街頭演説中に銃撃・殺害された事件以来、政教分離に関する議論が盛んになっている。逮捕された山上徹也容疑者が「(遺恨のある)宗教団体と元首相がつながっていると思ったから狙った」という供述を···

テクノロジー

GoogleやFacebookなどが決算発表。景気減速が懸念される中、注目ポイントは?

有料記事 / テクノロジー

米・主要IT企業(ビッグテック)が相次いで4-6月期(第2四半期)決算を発表した。世界的な景気減速が懸念される中で、各社の決算内容は波乱を呼んでいる。ビッグテック各社の明暗を分けた要素は何なのか?また···

Amazon、巨額買収。ルンバを生んだiRobotとはどんな企業か?

有料記事 / テクノロジー

米Amazonは今月5日、ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」などを開発する米iRobotの買収に合意したと発表した。買収額は約17億ドル(約2,300億円)にのぼる。iRobotは家庭用ロボット···

イーロン・マスクは、調達した1兆円で何をするのか?

有料記事 / テクノロジー

著名実業家イーロン・マスク氏が、自身がCEOを務めるEV大手Tesla(テスラ)の株式約792万株を売却した。これによりマスク氏は約69億ドル分、日本円では約9300億円相当の現金を得ることとなる。マ···

オピニオン / 編集長より

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事 / オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事 / オピニオン / 編集長より

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事 / オピニオン / 編集長より

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

社会

メディアは、惨事情報をどのように報道するべきか?

無料記事 / 社会

安倍晋三元首相が銃撃を受けた事件の映像が、テレビやSNSを中心に、繰り返し報道されている。関連記事:安倍元首相が死亡、憲政史上最長政権こうした報道をめぐって、一般の視聴者から多くの疑問・抗議が呈され、···

ウナギは食べてもいいのか?どう食べるべきなのか?「土用の丑の日」の影響も

有料記事 / 社会

今年も、土用の丑の日(7月23日)が近づいている。そして、土用の丑の日と言えば、やはりウナギだ。今年も多くのスーパーや外食チェーンで、多くの人がウナギを買い求めることだろう。しかし、近年ウナギは絶滅が···

若者は「恋愛離れ」をしているのか?20代男性の4割、「デート経験がない」

有料記事 / 社会

内閣府の男女共同参画局は6月14日、『令和4年版男女共同参画白書』(以下『白書』)を公表した。この中で、独身20代男性の4割が「デート経験がない」と答えた調査結果が報道され、SNSでも話題となった。『···

社会問題・人権・環境

日本人の3割、深刻な洪水リスクに直面 = 世銀。理由や対策は?

有料記事 / 社会問題・人権・環境

世界銀行の研究者らは、世界人口の約4分の1にあたる18億人が深刻な洪水リスクのある地域に住んでいるという分析を学術誌『Nature Communications』で発表した。日本も例外ではなく、東北・···

宗教2世は、どのような問題を抱えているのか?

有料記事 / 社会問題・人権・環境

7月8日に発生した安倍晋三元首相の銃撃・殺害事件以来、「宗教2世」と呼ばれる人々の抱える問題に注目が集まっている。背景にあるのは、事件を受けて逮捕された山上徹也容疑者が、旧統一教会信者を母親に持つ宗教···

ヤングケアラーとは何か?その実像と日本社会の問題

有料記事 / 社会問題・人権・環境

近年、ヤングケアラー(young carer)という言葉を耳にする機会が増えてきた。日本政府は2022年から2024年度の3年間をヤングケアラー問題の「集中取組期間」と定め、中高生におけるヤングケアラ···

ビジネス・経済

なぜ今、大手テック企業の従業員が労働組合を求めているのか?GAFAやスタバの「働き方改革」

有料記事 / ビジネス・経済

ニューヨークにあるAmazonの物流センターで今月1日、労働組合結成の是非を問う従業員投票が賛成多数で可決された。Amazon側は労組結成に強く反発してきたが、労働環境の改善を訴える従業員の声を抑えき···

なぜ急速な円安が進んでおり、消費者にどのような影響があるのか?

有料記事 / ビジネス・経済

3月初旬から4月にかけて急速な円安の流れが加速しており、28日には20年ぶりに1ドル=130円台を突破した。そもそも円安とは、円と他の通貨(たとえばドル)を交換する際、ある時期に比べて1円で交換できる···

FAANG 2.0とは何か?新たな世界秩序の投資概念

有料記事 / ビジネス・経済

ロシアによるウクライナ侵攻が現実となった今年2月下旬、米大手銀行 Bank of America(バンク・オブ・アメリカ、BoA)が FAANG 2.0(*1)と呼ばれる新たな投資アイデアを提案した。···

🔥 いま読まれている記事

⚡ 速報

もっと見る
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

著者

東京大学大学院博士課程
オーフス大学映像人類学修士課程
東京大学大学院総合文化研究科
シニア・エディター
北海道大学大学院修士課程
著者一覧

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま