News worth reading

わたしたちは、政治やテクノロジー、社会問題などのニュース解説メディアです。
メンバーシップを通じて、良質なコンテンツを届けていきます。
本誌について
2021年10月21日無料記事309本有料記事173本

DoorDashやAirbnb、予想を上回る評価額で上場へ。その理由は

有料記事/ ビジネス・経済

今月中旬、フードデリバリーのDoorDashと民泊大手のAirbnbがIPO(株式公開)します。両社は、時価総額10億ドル以上のユニコーンで、急成長を遂げる企業の1つです。パンデミックで多くの企業が打···

BuzzFeedのCEO、HuffPostを買収した理由を語る

有料記事/ ビジネス・経済

今月19日、日本にも展開するネット・メディアHuffPost(元Huffington Post)が、BuzzFeedによって買収されるとWSJが報じました。HuffPostは、TechCrunchなど···

BTSは、なぜ成功したのか?(1)K-POPの世界的注目

有料記事/ ビジネス・経済

10月15日、K-POPを代表する人気グループBTSの所属事務所であるBigHitエンターテインメントが、韓国取引所に上場した。初日は株価が大幅上昇、時価総額が11兆ウォン(約1兆円)まで膨らんだ。そ···

ブレグジット後の移民政策、「現代奴隷」を増加させる脅威に?

有料記事/ 政治・国際関係

昨年10月、EU(欧州連合)からの離脱協定に合意したイギリスが、今年1月31日正式に離脱した。ただ年内は11ヵ月の移行期間中であるため大きな変化は生じていない。現在イギリス政府は、FTA(自由貿易協定···

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

特集

女性の権利を考える

混乱の中の東京五輪

アフガニスタン情勢の20年を知る

気候変動という危機

特集の一覧

The HEADLINE #1 - 2020年のニュースを振り返る

有料記事/ 政治・国際関係

ニュース解説メディアThe HEADLINE / イシケンTVが、1年のニュースを振り返るイベントを開催します!新型コロナウイルスや大統領選挙、BLM運動、安倍首相の退陣など歴史的なニュースが次々とお···

分断される日米、一体化する中国

有料記事/ オピニオン / 編集長より

先日、大統領選を受けて「リベラルがアメリカを分断させた、などという言説は一考の余地もありません」と主張するツイートを見かけた。ツイート主のエッセイと合わせて、一定の支持を集めているようだが、個人的には···

規制か合法か?大麻の論点を辿る(3)大麻合法化の犯罪抑止効果:ゲートウェイ・人種問題・組織犯罪

有料記事/ 社会

大麻は「ゲートウェイドラッグ」や犯罪組織の資金源となる可能性があるとして取り締まられてきた。一方で大麻関連の犯罪は逮捕者の人種的偏りが著しいとして、刑事司法の観点から批判されてきた。こうした犯罪とその···

バイデン次期大統領、どのような政策を進める?日本への影響は?

有料記事/ 政治・国際関係

11月8日、米国大統領選挙における民主党・バイデン前副大統領の勝利が確実になったことで、第46代大統領に就任する予定となった。史上最高齢での大統領就任や現職大統領の稀にみる敗北、カマラ・ハリス上院議員···

ポーランド、人工中絶への違憲判決をめぐり大規模デモ。一体なぜ?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

2020年10月22日、ポーランドの憲法裁判所は、胎児が重度の障がいを持っていることを理由にした人工妊娠中絶が違憲であるとの判決を下した。国内で毎年約1000件おこなわれる人工妊娠中絶の98%は、胎児···

中国の一人っ子政策はどのような歪みを残したのか?

有料記事/ 政治・国際関係

2020年11月1日、中国政府は第7回国勢調査を開始した。今回の国勢調査は、本土に住むすべての中国国民と、一時的なビザで海外に住む人々を対象とし、本土に6ヶ月以上住んでいる外国人もデータに記録される。···

規制か合法か?大麻の論点を辿る(2)賛成派と反対派の主張を追う

有料記事/ 政治・国際関係

大麻の合法化や非犯罪化、非刑罰化といった解禁動向は広がりを見せつつあるものの、依然として国際的な足並みは揃っていない。では、具体的な大麻合法化の賛否に関する議論はどのようになされており、論点はどのよう···

K-POPの光と闇。世界的な成功の裏に、活動休止や極端な選択が相次ぐ理由

有料記事/ 社会問題・人権・環境

韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの女性グループNiziU(ニジュー)のミイヒが、体調不良のため休養することが発表された。同事務所のグループTWICEの日本人メンバーであるミナも、2019···

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

有料記事/ テクノロジー

米・司法省は20日、Google社がインターネットにおける検索や広告において、独占的な地位を利用して適切な競争を妨げているとして、反トラスト法違反の疑いで提訴した。Googleは、なぜ提訴されたのだろ···

規制か合法か?大麻の論点を辿る(1)大麻の法規制の現状

有料記事/ 社会問題・人権・環境

日本国内で著名人の薬物逮捕者がニュースを騒がせる中、大麻については解禁運動も注目されており、海外では医療用・娯楽用として合法化された国も存在する。一方で、「ゲートウェイドラッグ(強い依存性や副作用を持···

LGBTが増えると何が起きるのか?足立区議の「足立区が滅びる」発言を受けて

有料記事/ 社会問題・人権・環境

「L(レズビアン)だってG(ゲイ)だって法律で守られているじゃないかという話になれば足立区は滅んでしまう」。東京都足立区の白石正輝区議(78)が9月25日の区議会で、少子化問題を取り上げる中、同性愛者···

日本学術会議の任命拒否問題とは何であり、何が問題なのか?

無料記事/ 政治・国際関係

今月1日、日本学術会議(学術会議)の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち6名を菅義偉首相が任命しなかったことが、しんぶん赤旗によって報じられた。これに対して、野党から批判が集まった他、Twi···

アメリカ合衆国最高裁判事、なぜ政治的に重要なのか?

有料記事/ 政治・国際関係

2020年9月18日、アメリカ合衆国最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事が87歳で死去したことを受け、後任人事をめぐる共和党と民主党の激論が続いている。女性2人目の最高裁判事で、「RGB」の···

トランプ大統領のコロナ感染、選挙やマーケットにどのような影響があるか?

有料記事/ 政治・国際関係

2日未明、トランプ米大統領とメラニア夫人が、新型コロナウイルス検査で陽性だったことが明らかとなった。対立候補である民主党・バイデン前副大統領は、2度の検査でいずれも陰性だったものの、ビル・ステピエン選···

なぜ政府やAppleは、市民の健康に介入するのか?

有料記事/ テクノロジー

現地時間の2020年9月15日、Appleはシンガポール政府との健康イニシアチブに関するパートナーシップ締結を発表した。この健康イニシアチブでは、医師や公衆衛生の専門家との協力で作成されたLumiHe···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

経済安全保障とは何か?米中対立と新たな担当大臣により注目

有料記事/ 政治・国際関係

今月5日、岸田内閣が正式に発足して新たに20人の閣僚が決定した。中でも、新たに設けられた経済安全保障担当大臣には、当選3回で40代の小林鷹之議員が任命されたことで注目を集めている。経済安全保障について···

なぜ女性議員は少なく、そして増えるべきなのか?日本における女性政治家の現状

無料記事/ 政治・国際関係

2021年の自民党総裁選で、初めて複数人の女性議員が立候補している。1955年の結党以来、首相の大半を輩出してきた自民党総裁選で、過去に立候補した女性は小池百合子東京都知事のみ(2008年)だった。小···

2021年衆院選のポイント・各党の政策は?

無料記事/ 政治・国際関係

今月19日、第49回衆議院議員総選挙(衆院選2021)が公示され、31日の投開票に向けて12日間の選挙戦が開始された。今回の選挙のポイント、そして自由民主党(自民)や立憲民主党(立憲)をはじめとした9···

テクノロジー

Uberのドライバーは「従業員」なのか?ギグワーカーの権利闘争をめぐる各国の現状

有料記事/ テクノロジー

2021年6月22日、警視庁はフードデリバリーサービスUber Eatsを運営している日本法人の元代表ら2人と法人としての同社を、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで東京地検に書類送検した。日本での···

Appleは、なぜApp Store外での決済方法を認めたのか?

有料記事/ テクノロジー

先月26日、Apple社はApple Storeにおける制限緩和を発表した。主に7つの優先的な制限緩和があるものの、多くの開発者から注目を集めているのは、AppleがApp Storeを経由しない決済···

メタバースとはなにか?Facebookら続々投資する「次のインターネット」?

有料記事/ テクノロジー

2021年8月、Facebook CEOのマーク・ザッカーバーグは、傘下のVR企業Oculusにおいて、仮想空間の会議サービスHorizon Workroomsのベータ版を提供開始することを発表した。···

オピニオン / 編集長より

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

無料記事/ オピニオン / 編集長より

今月11日、「ホームレスを3年間取材し続けたら、意外な一面にびっくりした」という記事が大きな話題を集めた。記事そのものの問題点に加え、同記事が掲載されたプラットフォームであるcakesから「cakes···

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ー 本記事は、The HEADLINE編集長・石田健の個人的見解です。編集部や本誌の執筆者を代表する見解ではありません。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による発言に批判が集まる中、「···

「価値観のアップデート」と進歩史観

無料記事/ オピニオン / 編集長より

ここ数年、「価値観のアップデート」が叫ばれるようになって久しい。様々なハラスメントからジェンダー、LGBTQなどセクシャル・マイノリティの問題、デジタル化やSDGsなど、様々な考え方や価値観が変化して···

社会

BTSの楽曲は、なぜアメリカのラジオで再生されないのか?

有料記事/ 社会

BTSが「21世紀のビートルズ」であることは疑いなく、彼らは「Dynamite」や「Butter」などの大ヒット曲で、次々と世界中のチャートを席巻している。特に「Butter」は、米Billboard···

デルタ株により、世界はいまどのような状況にあるのか?

有料記事/ 社会

5日、感染者が全国で初めて1万5,000人超えるなど、全国的な感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。その背景にあるのは、8月初旬時点で関東で約90%、関西で約60%に達したと推計されるデルタ株だ。そ···

アシッドアタックとは何か?

有料記事/ 社会

今月24日、東京・港区にある地下鉄・白金高輪駅で男性が顔に硫酸をかけられて大けがをした事件で、警視庁は28日、容疑者の男性を逮捕した。容疑者は、大学時代に被害者と同じサークルだったものの、現時点で詳し···

社会問題・人権・環境

トキシック・マスキュリニティ(有害な男性性)とは何か?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

近年、ジェンダーにまつわる諸問題への関心が高まっている。SDGsの達成目標にジェンダー平等の達成が組み込まれ、#MeTooムーブメントやフラワーデモなどの運動を通じて、女性の権利をめぐる種々の課題が浮···

電源構成とはなにか?ベストミックスが求められる理由

有料記事/ 社会問題・人権・環境

中国・習近平国家主席は21日、中国が国外で新たに石炭火力発電所を建設しないことを表明した。国際社会でカーボンニュートラルに向けた取り組みが加速する中、大国として新たな公約を示すことで気候変動対策の先頭···

再エネ賦課金とはなにか?なぜ電気代に加算され、高騰し続けているのか?

有料記事/ 社会問題・人権・環境

昨年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を正味ゼロにするカーボンニュートラルを宣言した。2015年に採択されたパリ協定のもと、日本だけでなく120以上の国・地域が、2050年前後までにカー···

ビジネス・経済

BTSは、なぜ成功したのか?(3)桁外れの成功の理由

有料記事/ ビジネス・経済

前回述べたように、スキャンダラスなイメージさえあった弱小事務所であるHYBE(ハイブ、旧称:BigHitエンターテイメント)そしてBTSは、いかにして現在の地位を確立したのだろうか。事務所の戦略、BT···

なぜ中国・恒大集団に世界中が注目しているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

20日、ニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が一時900ドル以上の下落をみせた。背景には、中国の不動産大手・恒大集団(Evergrande Group)の資金繰りについて懸念の高まりがあり、連鎖···

なぜ岸田首相は金融所得税を見直そうとしているのか?

有料記事/ ビジネス・経済

今月10日、岸田文雄首相は金融所得課税の見直しについて「当面は触るということは考えていない。そこばかり注目されてすぐやるんじゃないかという誤解が広がっている」と発言した。同首相は「成長の果実の分配や国···
最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

著者

The HEADLINE編集長
法政大学ほか非常勤講師
リサーチャー
著者一覧