News worth reading.

わたしたちは、政治やテクノロジー、社会問題などのニュース解説メディアです。

メンバーシップを通じて、良質なコンテンツを届けていきます。

本誌について
2021年03月05日 無料記事 265本, 有料記事 98本

新着記事

世代間でニュース・ソースは分断、それが分かる1枚のグラフ:若者はネット、年代が上がるほどTVに

無料記事 / テクノロジー

今更という感じですが、ロイター研究所が先日公表したデジタル・ニュースレポートは、世代間でニュースソースがかなり異なることを示しています。この調査は、26カ国で行われたもので、メインとなるニュースソース···

VICE、一挙に50カ国以上で展開へ:インド・イラン・タイ・アフガニスタンでも

無料記事 / テクノロジー

日本でも、abematvでVICEが放送されていますが、彼らはさらに50カ国以上でテレビ番組とデジタルサービスをスタートするそうです。中東やアフリカ、インド、東南アジアなどの地域で続々と展開していくこ···

電通は日本のメディアを支配しているのか?

無料記事 / テクノロジー

編集部注:本記事は、フランス・メディアで公開された記事「Le publicitaire Dentsu tire-t-il les ficelles des médias japonais ?」の日本語···

マヤ文明を少年が発見!!!→専門家「ちょっと落ち着こう」→でも結果は・・?

無料記事 / テクノロジー

先日、「カナダ人の少年、星座の並びをヒントに古代マヤ文明の都市を発見!!」という記事が日本でも話題になったが、残念ながら事態は予想外の方向に向かっている。そもそもの発端は?このニュースは、カナダ・ケベ···

ピーター・ティールがドナルド・トランプを支持することは驚くべきことではない

無料記事 / テクノロジー

Facebookの初期投資家であり、Founders Fundのマネージング・パートナーやPlantirのCo-founderなどを務めるピーター・ティール。彼が、米・共和党の大統領候補であるドナルド···
SNSでおすすめする

今日のニュースまとめ

今日知っておきたいニュース
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

特集

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か

世界を飲み込む中華テック

規制か合法か?大麻の論点を辿る

BTSは、なぜ成功したのか?

特集の一覧

全米ネットワークのCBS、ラジオ放送からの撤退を検討:ラジオ衰退の象徴?

無料記事 / テクノロジー

全米三大ネットワークのCBSが、ラジオ事業の売却を検討していることが明らかになりました。90年近くラジオ放送を行ってきたCBSが、ラジオ事業からの事実上の撤退を検討しているということで、ロサンゼルス・···

香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」、中国本土でウェブサイトが閲覧不可能に:SNSのアカウントも停止中

無料記事 / テクノロジー

香港の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(以下SCMP) のウェブサイトが、3月10日から中国本土で閲覧できない状態となっています。また3月8日頃から、中国語圏のSNS上では、SCMPのア···

Politicoに大激震?CEOをはじめとする幹部メンバーが退社の意向  

無料記事 / テクノロジー

Politicoの創業者で現CEOのJim VandeHei氏が、大統領選挙終了後に、Politicoを退社する意向であることが明らかになりました。また、Politico創業時からPoliticoを支···

で、ユニコーンはやっぱ微妙?ギルト グループ、(たった)300億円で買収

無料記事 / テクノロジー

その昔、フラッシュセールの先駆者だったギルト・グループは、企業価値10億ドル(約1200億円)がついていました。いわゆる、ユニコーン・クラブです。しかしそんなギルトが、わずか300億円でハドソンズ・ベ···

Netflix、130カ国で(まさかの)一斉サービス開始!中国などを除くほぼ全世界で利用可能に

無料記事 / テクノロジー

1月6日、(日本時間では一月七日)Netflixが130カ国で新たにサービスを開始しました。昨年末までに、日本を含む60カ国に進出していたNetflixですが、今回の新たなサービス開始で、190の国(···

2015年を振り返って(個人的雑感)

無料記事 / テクノロジー

今年も、THE MEDIA HACKをご覧いただきありがとうございました、編集長の石田です。2015年は個人的にも、会社的にも大きな変化がありました。もっとも大きなものは、弊社MINER STUDIO···

無料動画が未だに主流のインド;有料のストリーミングが流行る日は来るのか?

無料記事 / テクノロジー

今年は、Netflix やAmazon Primeの日本上陸のニュースなどがありました。ここ数年のスパンでみると、Huluの日本進出やdtv、ニコニコ動画のプレミアム会員制度の誕生などもあり、日本でも···

ディズニー、ミレニアル世代向けのテレビ局Fusionの売却を検討:売却先はスペイン語メディアのユニビジョン

無料記事 / テクノロジー

「アナと雪の女王」の世界的大ヒットや、先週末に全世界で一斉公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が記録的大ヒットになるなど、映画の事業が最近好調なディズニー。日本ではテーマパークや映画のイメー···

新興メディアMic、大統領選に向け報道体制を強化へ:MAUは2000万人に

無料記事 / テクノロジー

2011年、ミレニアル世代をターゲットにしてスタートしたオンラインメディア「Mic」。開設から4年ほど経った現在では、月間2000万人の訪問者がいる(2015年8月の数字)オンラインメディアとなってい···

Vice、雑誌「VICE MAGAZINE」を来年3月にリニューアル

無料記事 / テクノロジー

世界展開やケーブルテレビへの進出の発表、さらにはパリ同時多発テロに巻き込まれたイーグルス・オブ・デス・メタルに独占インタビューを行うなど、今年1年大きな話題を集めた新興メディア「Vice」。ネットメデ···

Viceカナダ従業員、労働組合結成運動への参加を呼びかけた公開書簡を発表

無料記事 / テクノロジー

最近、新興メディアに務める従業員の間で相次いでいる、労働組合結成の動き。本誌でも先月、ハフィントンポストUS版編集部の従業員が、労組結成に向けた動きを本格化させていることをお伝えしました。その際に述べ···

ガーディアン、元MSNBCのサイト責任者をUS版コラムニストに起用

無料記事 / テクノロジー

イギリスを代表する日刊紙の一つであるガーディアン。最近では、2013年のスノーデン事件に関する報道でピューリッツァー賞を受賞するなど、アメリカでの評価も高まってきています。そんなガーディアンですが、1···

Atlantic Media、新興メディアQuartzの売却を検討

無料記事 / テクノロジー

Quartzの所有会社、Atlantic Mediaが、Quartzの売却に向けて交渉を行っていることが明らかになりました。フィナンシャル・タイムズの報道によりますと、以前からAtlantic Med···

タイム誌、「今年の人」にメルケル首相を選出:その理由とは?

無料記事 / テクノロジー

アメリカのタイム誌が毎年年末に発表している「今年の人」。今年は、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が選出されました。首相就任から今年で10年を迎えたメルケル首相ですが、なぜ彼女が選ばれることになったのでし···

ついにサトシ・ナカモト判明?オーストリア当局、ビットコイン発明者とされる人物宅を家宅捜査

無料記事 / テクノロジー

英・Guardianなどによれば、オーストラリア警察は13時30分(現地時間)より、ビットコイン発明者ではないかと噂される人物クレイグ・ライト氏の自宅を家宅捜索しています。それによれば、現在10人以上···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

テック企業によるトランプ大統領の排除、何が問題で、何をもたらすのか?

なぜミャンマーでクーデターが起きたのか?

エチオピアでなぜ武力衝突が起きたのか?現状や背景は

テクノロジー

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

Clubhouseとは何か?サービスの歩みと創業者(前編)

Clubhouseとは何か?サービスの歩みと創業者(後編)

オピニオン / 編集長より

分断される日米、一体化する中国

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

社会

上級国民とはなにか?格差社会の広がりとその風刺(3)

夫婦別姓をめぐる歴史と論点(3)戦後改革による家制度の廃止・夫婦同姓の存続

JTは、なぜ本社機能をスイスに移転?衰退する国内とスイスの立ち位置

社会問題・人権・環境

NYT初の女性コピーエディター、ベッツィー・ウェイド氏死去。その功績とジャーナリズムのジェンダー格差

なぜコロナ禍以降、アジアへの差別が強まっているのか?「中国ウイルス」から黄禍論

電気代、10倍のリスクも。なぜ電気が不足、料金が高騰しているのか?

ビジネス・経済

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIOとは(1)概要

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(2)歴史

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(3)今後の行く末