News worth reading.

わたしたちは、政治やテクノロジー、社会問題などのニュース解説メディアです。

メンバーシップを通じて、良質なコンテンツを届けていきます。

本誌について
2021年03月05日 無料記事 265本, 有料記事 98本

新着記事

Time社、ミレニアル世代のメディアxoJaneを買収間近か

無料記事 / テクノロジー

Time社が、ジェーン・プラットが運営するxoJaneとxoVainを買収間近とのこと。最近、xoJaneの名前はよく聞くなあと思っていましたが、ミレニアル世代の女性にかなり影響力を持っているよう。ジ···

BIの動画メディア、INSIDERが面白い

無料記事 / テクノロジー

最近、自分で動画投稿して、動画メディア面白いなあと眺めていますが、その最たる例が Business Insider の運営する INSIDER です。彼らはウェブサイトを持たないNow This系のサ···

VRスタートアップの8i、シリーズAで1350万ドルを調達

無料記事 / テクノロジー

VR関連のスタートアップ8iが、シリーズAで1350万ドルを調達しました。彼らは、コンシューマーとハリウッド向けに、ソフトウェアベースのVRシステムを提供しています。投資家には、Samsung Ven···

Editor’s noteを開始します:テクストと作者、あるいは立体的なメディアについて

無料記事 / オピニオン / 編集長より

MEDIA HACKにおいて新たに「Editor’s note」というコーナーを開始することにします。メディアに関する備忘録的な話題から、全く関係のないように見えるトピックまで、幅広く書いていくブログ···

独メディア大手Axel Springer、Business Insiderを買収

無料記事 / テクノロジー

少し遅れてしまいましたが、以前から噂されていたAxel SpringerによるBusiness Insiderの買収が成立しました。バリュエーションは、$442Mということで、ハフィントンポストの$3···
SNSでおすすめする

今日のニュースまとめ

今日知っておきたいニュース
最新情報を受け取る

Twitterをフォローして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

特集

Palantirという逆説:ユニコーンを生み出した哲学者、アレックス・カープとは誰か

世界を飲み込む中華テック

規制か合法か?大麻の論点を辿る

BTSは、なぜ成功したのか?

特集の一覧

テレビの未来は、デバイスにあるのか?アプリにあるのか?

無料記事 / テクノロジー

アメリカでは、米連邦通信委員会(FCC)を中心に「テレビの未来」が法的な観点から議論されています。これは、ネット事業者の台頭によって、デバイスやプラットフォームなどにおいて、これまで想定されていなかっ···

独メディア大手Axel Springer、Business Insiderを$560Mほどで買収したい意向

無料記事 / テクノロジー

少し遅れてしまいましたが、以前から噂されていたAxel SpringerによるBusiness Insiderの買収が成立しました。バリュエーションは、$442Mということで、ハフィントンポストの$3···

政治系ブログ「The Mischiefs of Faction」、Vox.comに参画

無料記事 / テクノロジー

政治系ブログ「The Mischiefs of Faction」が、Vox.comに参画。大学院で研究を行い、ホワイトハウスなどで実務経験もあるメンバーらが運営していたブログです。以前にBuzzFee···

Refinery29、ドイツ・フランス・イギリスで国際展開へ

無料記事 / テクノロジー

アメリカの女性向けメディアとして頭一つ抜けているRefinery29ですが、ドイツとフランスに先駆けて、イギリスでの展開を明らかにしました。イースト・ロンドンというアーティスティックな街にオフィスを構···

Quartzのオブセッションは、やっぱり面白い

無料記事 / テクノロジー

特にニュースというわけでもないんですが、Quartzのオブセッション(彼らが現在、注目しているトピック)は良いなあ〜と思いました。最近、欧州の国境に押し寄せる難民問題をあまりまとめて追えていなかったの···

App Store有料アプリTOP5のうち3つをアド・ブロックアプリが占める

無料記事 / テクノロジー

アド・ブロックのアプリが、App Store有料アプリTOP5のうち3つを占める。いよいよきたかあ、と話題のアド・ブロック。 Adobeらの調査によると、同機能を使っている人は、世界で約2億人。それに···

Amazon、プライム会員向けにワシントン・ポスト紙を半年無料

無料記事 / テクノロジー

ついにやってきたAmazonによるワシントン・ポスト紙の無料化。 Amazonプライム会員には、月9.99ドルの同紙を半年間無料で読める特典に加え、そのあとも月額3.99ドルになるというサービス。来る···

Fullscreen、独自サブスクリプション動画サービスを計画

無料記事 / テクノロジー

MCN(マルチチャンネルネットワーク)のFullscreenが、独自サブスクリプション動画サービスを計画。Fullscreenは世界最大のMCNとして成長中で、現在は Ottter Mediaの傘下に···

Condé Nastの次期CEOに、ボブ・サウバーグが就任へ

無料記事 / テクノロジー

VOGUEやGQなどを有するCondé Nastの次期CEOに、ボブ・サウバーグ(Bob Sauerberg)が決定。チャールズ・タウンゼントからの引き継ぎです。Condé Nast は、世界で最もプ···

Instagram、30秒の動画広告など広告商品の販売をグローバルに本格化

無料記事 / テクノロジー

Instagramが30秒のTVスポット広告のようなフォーマットの商品を販売開始。イタリア、スペイン、メキシコ、インド、韓国など38の地域で、一気に国際展開していくそうです。映画のプロモや新製品の発売···

10代による夜間のソーシャルメディア利用は、メンタルヘルスに影響がある可能性?

無料記事 / テクノロジー

グラスゴー大学の研究によれば、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアをティーンが夜間に使用すると、メンタルヘルスに影響があるかも、とのこと。これらの利用は、睡眠や鬱、不安障害などに悪···

イギリス外務省、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するTwitterアカウントを開設

無料記事 / テクノロジー

イギリス外務省が、国際テロ組織ISのプロパガンダに対抗するべく、Twitterアカウントを開設。これまでに700人ほどのイギリス人が、ISのためにイラクやシリアに旅立ったそう。日本では話題が下火になっ···

WPP、BuzzFeedのグローバルな広告代理契約をはじめて締結

無料記事 / テクノロジー

日本では、Yahoo! が販売権を獲得したBuzzFeedの広告販売権ですが、グローバルでは、はじめてWPPが代理店契約を交わしたそう。WPPの中でも、メディアプランニングやメディアバイイングを担当す···

BuzzFeedがスゴい3つの理由(後編):伝統的メディアと新興メディアが溶け合う狭間で

無料記事 / テクノロジー

もはや遠い昔となってしまった、BuzzFeed記事の前編ですが、やっとこさ重い腰を上げて後編を書きます。前編:https://theheadline.jp/56さて前回の記事では、そもそもBuzzFe···

BuzzFeedがスゴい3つの理由(前編):BuzzFeedとは何か

無料記事 / テクノロジー

BuzzFeedが、いよいよ日本に上陸することを明らかにしました。日本においては、すでにバイラルメディア狂騒が落ち着いてきた所以か、それほど騒がれていない印象ですが、いよいよ彼らの動向が本格的に日の目···

カテゴリ別新着記事

政治・国際関係

テック企業によるトランプ大統領の排除、何が問題で、何をもたらすのか?

なぜミャンマーでクーデターが起きたのか?

エチオピアでなぜ武力衝突が起きたのか?現状や背景は

テクノロジー

反トラスト法とは何か?Googleは分割されるのか?

Clubhouseとは何か?サービスの歩みと創業者(前編)

Clubhouseとは何か?サービスの歩みと創業者(後編)

オピニオン / 編集長より

分断される日米、一体化する中国

なぜ「ホームレスを異文化扱いしてはだめなのか」?

フェミニズムの商品化、変わる男たちを批判することは可能か

社会

上級国民とはなにか?格差社会の広がりとその風刺(3)

夫婦別姓をめぐる歴史と論点(3)戦後改革による家制度の廃止・夫婦同姓の存続

JTは、なぜ本社機能をスイスに移転?衰退する国内とスイスの立ち位置

社会問題・人権・環境

NYT初の女性コピーエディター、ベッツィー・ウェイド氏死去。その功績とジャーナリズムのジェンダー格差

なぜコロナ禍以降、アジアへの差別が強まっているのか?「中国ウイルス」から黄禍論

電気代、10倍のリスクも。なぜ電気が不足、料金が高騰しているのか?

ビジネス・経済

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIOとは(1)概要

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(2)歴史

Tesla超えの成長率、中国のEV市場で躍進するNIO(3)今後の行く末