震災復興政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

59人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (59)

自身の公式サイトで「福島の復興・再生に不可欠な風評被害対策については、復興五輪(2021 年東京オリ・パラ)の機会に復興の姿を世界に発信するなど強化します。」と明言

石破 茂のプロフィール

自身の公式サイトで「東日本大震災など自然災害からの被災者・被災地の復興を支援。と明言 自身の公式サイトで「原子力エネルギーの着実な縮減に向け、立地地域の雇用・経済対策、使用済核燃料の最終処分などへの国の責任の明確化、廃炉作業を担う人材の育成を推進。」と明言

泉 健太のプロフィール

福島第一原発事故の早期収束を政府主導で行う。短期集中的に労力と資材を投入し、抜本的な放射能対策を実施する。震災復興予算の流用を根絶するとともに、被災地域のニーズに応えられる財政支援制度をつくり、東日本大震災の復興を加速させる。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

原発事故の被災者支援を継続します。2011年3月に起きた東日本大震災とそれに伴う原発事故により、今なお苦しんでいる被災者が大勢います。「子ども・被災者支援法」の実効性を高め、継続して被災者の支援を行います。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

「復興期間が終了する2020年度までに必ずやり遂げる」という強い意志をもって全力で取組みます。また長期避難生活への対応のほか、新たな生活をスタートさせた方々のコミュニティ再生や心のケアなどにも配慮した生活支援を行います。さらに仮設住宅での避難生活の長期化や災害公営住宅への転居、新天地への移住など、被災者の方々の生活が多様化していることを踏まえ、心と体の健康維持に万全を期すため、必要な人員を確保しつつ、支援を充実強化します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

震災による地震・津波被災地域の復興は、復興期間終了の2020年度までにやり遂げるよう復興措置の加速化。県内市町村間で散見される復興格差の解消に必要な予算を含む加速化措置の徹底化。復興庁の後継組織の創設。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋葉 賢也のプロフィール

原発事故処理と福島復興は最後まで東電と国が責任を持って進める。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

阿部 知子のプロフィール

福島原発事故の『子ども・被災者支援議連』会長として、被災者に寄り添う支援活動を継続。平成29年3月末に、自主避難者への住宅支援を打ち切る政府方針を受け、『避難する権利』を理念として定めた同法に則り、方針撤回を強く要請、改正法案の提出も検討中。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

荒井 聰のプロフィール

被災地の一日も早い完全復旧・復興に全力をあげてまいります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

岩屋 毅のプロフィール

心のケアなどなど長期的な復興支援と風化防止(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

岡本 章子のプロフィール

東日本大震災・原発事故の復旧・復興に力を注ぎます。(公式サイト、2020年12月4日閲覧)

海江田 万里のプロフィール

東日本の早期復興(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

勝俣 孝明のプロフィール

国の直轄砂防・治山事業34か所を年内工事着手!84%実質国の負担で県の緊急事業23か所を実施!応急対策として、強靭ワイヤネットをすべての直轄砂防・治山ダム事業箇所に緊急設置。『改正土砂災害防止法』により、都道府県の警戒区域指定作業を国が厳格に管理・是正する仕組みを創設!被災地を自主防災活動の世界的な先進モデル地区に!(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

河井 克行のプロフィール

復興・創生期間における復興財源及び地方創生に必要な財源の確実な確保。『ふくしま国際医療科学センター』、『ふくしま医療機器開発支援センター』等を始めとする各種研究開発・産業創出拠点を核とした新産業の集積促進。ふくしま復興再生道路を始めとするインフラの整備促進及び物流拠点の機能強化。2020年「復興五輪」を契機としたふくしまの確かな情報発信。避難指示の解除を見据えた復興拠点の整備促進及び生活インフラの復旧。被災事業者の事業再開及び避難者等の就労支援による生活再建の実現。医療・福祉・商業施設などの生活関連サービスの充実及び雇用の確保。住民の帰還を見据え、県立医大と連携した二次救急医療等の医療体制の整備促進。復興公営住宅の早期整備及び早期入居の促進。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

菅家 一郎のプロフィール

自民党青年局TEAM-11を含め、復興を遂げるまで、被災地に定期的に足を運び、承ったご意見やご要望を基本に据えて復興支援に携わってまいります。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

小林 鷹之のプロフィール

自治体の財政負担を軽減する支援制度をつくること。個々人の住宅や作業場再建、地域再生のために現行の法律や制度を使い勝手がいいように、弾力的に運用できるようにすること。それが一日も早い復興につながる。(公式サイト、2020年12月4日閲覧)

坂本 哲志のプロフィール

東北・九州の復旧・復興の促進(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

左藤 章のプロフィール

東日本大震災からの復旧・復興に全力を尽くす。早急に仮設・避難住宅を確保。地震被災家屋への補償制度を見直し、家屋の補修・改築を支援。農業・漁業の風評被害に対する全面補償の実現。電力の需給体制確保し、家庭への自然エネルギー導入推進。被災地児童への奨学制度の充実。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

佐藤 勉のプロフィール

支援金額を 300 万円から 500 万円に引き上げる被災者生活支援法改正案、被災土地の円滑利用のための復興特区法改正案など『復興加速4法案』を早期に成立させます。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

階 猛のプロフィール

東日本大震災からの復興の更なる加速化を目指します。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

高橋 ひなこのプロフィール