農林水産業支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

194人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (194)

農水産業の経営安定・強化に向けて所得補償制度を抜本的に改革・拡充。高騰する燃油対策を実施。安心・安全な食材の提供。食育・地産地消の促進、都市農業の負担軽減。中山間地域直接支払い制度、農地・水・環境事業の拡充・強化。地域の農水産物のブランド化、輸出支援強化で2020年1兆円目指す。豊かな海を取り戻すため「瀬戸内海環境保全特別措置法(瀬戸内法)」を改正。(公式サイト、2020年12月14日閲覧)

西村 康稔のプロフィール

農林水産業を担う皆さんは、地域社会や地場産業を支える重要な担い手です。高齢化や人手不足などに対応するため『農地の集積・集約化』『経営基盤の一層の安定・強化』などを推進し、『人材確保の対策』と『生産性の向上』を強力に支援します。そして有明海再生にも全力をつくします。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

野田 毅のプロフィール

田畑には多面的機能があり、国土保全に一役を担っていることを認識し、『家庭で食べる為の農業』と『生業として成り立つ農業』を分けるべきと考えます。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

野中 厚のプロフィール

行き過ぎた円安に対策を打つために、補助金交付を通じたガソリン・軽油などの価格高騰対策を講じるなど、円安によるコスト増大に苦しむ生活者、中小企業、農林水産業者を支援します。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

長谷川 嘉一のプロフィール

地域を元気にする事が日本の活性化につながります。つまり私 たちのふるさとで多くの方々が従事する農林水産業・中小零細企業を守ることこそが日本を守る事です。浜田靖一は、ふるさとの皆様の生活に少しでもゆとりが生じるように全力を尽くします。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

浜田 靖一のプロフィール

農地集積バンクによる水田フル活用。6次産業化と輸出の促進。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

原田 義昭のプロフィール

農林水産業の経営基盤の強化。農林水産物・加工品の輸出拡大(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤井 比早之のプロフィール

山を守る林業、畑で作物を作る農業、海の恩恵を頂く水産業は地球の宝物です。農林水産業は全ての生命線である『食』の確保だけでなく、国土保全上の大切な機能であると共に、日本人としての心や文化の源です。 日本の農業の存続と消費者の『食』に関する安心・安全を守り、食料の安定供給を目指し、第一次産業が厳しい難局を乗りきれるよう、関係機関の皆さんと一体となり、改善を進めて参ります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤丸 敏のプロフィール

基盤整備と農業のスマート化を促進し、平場においては、更なる大規模化を押し進めます。中山間地域においては、人が残るための地域政策として、農業の保護に取り組みます。広大な県土を大きく利用し、稲作以外の多様な高収益作物の普及に取り組みます。岩手県の基幹産業である農業の振興に取り組んできました。大型機械格納や肥育牛飼育用のビニールハウス建設に関する建築基準法の緩和や、平成26年産米の米価下落の際の緊急支援対策などで成果を出しています。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

藤原 崇のプロフィール

農業者のための農協改革を実行します。農産物の海外輸出を1兆円の大台に乗せます。集団営農事業を推進し、農地の規模拡大を図ります。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

船田 元のプロフィール

森林環境譲与税を活用して美しい森を守り、林業の成長産業化を進めます。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

星野 剛士のプロフィール

農林水産業はそこで働く皆さんのためのみならず、日本の食糧安全保障、地域社会の維持、国土や環境の保全のためにも重要不可欠です。特に、北海道においては地域を支える基幹産業です。自民党政権が廃止した農業者への戸別所得補償制度の復活、拡充、国が主導する日本海漁業の再生などで一次産業をしっかり守り抜きます。専門家や当事者の声を無視した安倍政権での「官邸農政(水産行政)」の誤りを正します。種子の確保への公的関与のため、種子法を復活させます。漁協を無視した企業の漁業参入を認めた漁業法を再改正します。(公式サイト、2020年10月14日閲覧)

本多 平直のプロフィール

民主党の取る農家の戸別保障制度は反対であり、あくまで未来をにらんだ農業の強化を考えます。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

牧原 秀樹のプロフィール

国の基である農業の持続的発展に向けては、担い手である農家の経営安定が重要です。また、地域経済の屋台骨を担う中小企業・小規模事業者が元気になる、思い切った政策支援が必要です。日本の未来を創造する、農業と中小企業を全力で応援してまいります。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

三ッ林 裕巳のプロフィール

大転換期を迎えた秋田県農業を支えるため、農業を魅力ある成長分野に変え、農家の所得アップを実現します。若者が夢や未来を託すことができる農政新時代を切り拓いてまいります。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

御法川 信英のプロフィール

コメの需給と価格の安定を図るため、新たな米政策を推進。新たな農業経営安定対策として収入保険制度を導入。国産農林水産物の戦略的輸出拡大で農業・農村所得の向上を推進。森林整備加速化と浜プランの推進。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

宮腰 光寛のプロフィール

国内では、農林業の再生、新エネルギーの開発やライフスタイルの改革による循環型社会の構築を行い、国際的には、環境に配慮した製品の輸出や、発展途上国に対する環境共生型技術を生かした国の援助などを通じて貢献していくことが重要であると思います。美しい地球を子どもたちに引き継ぐことが私たちの責務です。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

宮下 一郎のプロフィール

農林業の再生。食料の安全保障の確立。農業を育てる貿易協定の枠組みづくり。都市と農村の共感醸成プロジェクト。中山間地農業や林業を再評価し有効利用を進めます。農産物のブランド化で海外への輸出を目指します。林業の資源としての再評価と有効利用を進めます。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

務台 俊介のプロフィール

『消費者目線』、『生産者目線』の双方に立った新時代の農業の実現(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

村井 英樹のプロフィール

いずれ到来する食料危機の時代に備え、我が国でも十分な食料自給率を堅持しなければならない。そのためには、今後とも国内で所謂”一次産業”が安定的に存立できるような条件整備が必要であり、生産者の立場に立った取組みに努める。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

森 英介のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま