武田 良太

武田 良太

自由民主党・衆議院

政党名 自由民主党
議会 衆議院
選挙区 福岡県 11区
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 52歳
誕生日 1968/04/01 00:00
SNS

政治家以前の経歴

福岡県田川郡赤池町(現福智町)出身。早稲田大学文学部卒業。早稲田大学大学院公共経営研究科専門職学位課程修了。亀井静香衆議院議員の秘書を務めた。2003年、衆院選福岡11区にて初当選。防衛副大臣、衆議院安全保障委員長など歴任。自民党青年局学生部長を務める。

賛成する政策

  • 日米同盟の維持・強化

    北朝鮮の核・ミサイル開発が新たな段階の脅威となるなど安全保障環境が緊迫する中、日米同盟強化を進め、国民の生命と平和な暮らし、領土・領海・領空を断固守り抜くため、国民保護のあり方や弾道ミサイル防衛の強化など脅威に対処できる万全の態勢を整備します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    外交 (6)
  • 北朝鮮への圧力強化

    「核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し、安倍晋三首相は「対話ではなく圧力が必要」という立場を表明しています。あなたはこの方針が適切だと思いますか。」という質問に対して「適切だ」(毎日新聞第48回衆院選アンケート、2017年10月)

    外交 (6)
  • 憲法改正

    私たちの子どもや孫、未来を生きる世代のため、日本の未来のあるべき姿を見据えながら、国民の理解と合意の上で憲法改正を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    憲法 (2)

賛成する政策に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政策

  • 原発ゼロ

    「原発は日本に必要だと思いますか。」という質問に対して「必要だ」(毎日新聞第48回衆院選アンケート、2017年10月)

    エネルギー (3)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合には、結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の名字を称することを、法律で認めるべきだ」という質問に対して「どちらかと言えば反対」(朝日新聞2014衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年12月)

    男女平等参画 (1)

中立的な政策

  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という質問に対して「どちらとも言えない」(朝日新聞2014衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査、2017年10月)

    雇用 (1)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
自由民主党 --

政党での役職

就任 退任
自民党青年局学生部長 調査中-

内閣での役職

就任 退任
国家公安委員会委員長行政改革担当国家公務員制度担当国土強靱化担当内閣府特命担当大臣(防災) 調査中-

国会での役職

なし