山本 香苗

公明党・参議院

政党名 公明党
議会 参議院
選挙区 全国ブロック
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 50歳
誕生日 1971/05/14 00:00
SNS

政治家以前の経歴

広島県広島市出身。京都大学文学部卒業後、95年トルコ語専門家として外務省に入省。外務省欧亜局新独立国家室配属。2001年、第19回参議院議員通常選挙に公明党比例代表候補として立候補し、初当選、2013年第23回参議院議員通常選挙で3期目の当選。

  • 教育無償化

    本格的な少子高齢化・人口減少社会に対応するには、一人一人がより一層力を発揮でき るよう、「人への投資」が不可欠です。中でも拡大しつつある教育格差を是正し「教育の ための社会」を実現するため、「幼児教育」「私立高校授業料」「大学などの高等教育」 の〝3つの無償化〟を着実に実施します。併せて食のセーフティネットである学校給食の早 期完全実施・無償化もめざします。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    教育 (6)
  • 女性活躍の推進

    平成30年度に全ての都道府県に設置された性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ 支援センターを安定的かつ継続的に運営する体制を整えるとともに、暴力被害や貧困、孤 立など、さまざまな理由で生きづらさを抱える女性たち、中でも公的な支援につながりにくい 若い女性を支援するための法整備に取り組みます。性差医療や女性の健康を推進する 法律の制定にも取り組みます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    女性 (3)
  • 中小企業・小規模事業者支援

    中小企業や小規模事業者、NPOなど多様な主体による地域経済の活性化を図るため、技術 革新や設備投資を後押しする「ものづくり補助金」の恒久化・通年化、コミュニティビジネスやソ ーシャルビジネスなどの創業支援、事業継続計画(BCP)の策定などの災害対応の強化を図 ります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    景気・経済 (9)
  • 震災復興政策

    住宅のみならず、失業や病気など被災者一人一人が抱える課題は異なります。被災者の 実態を把握し、支援機関が連携して、適切な支援につなぐことにより、早期の生活再建を 後押しします。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    震災復興 (1)
  • 高等教育への支援

    本格的な少子高齢化・人口減少社会に対応するには、一人一人がより一層力を発揮でき るよう、「人への投資」が不可欠です。中でも拡大しつつある教育格差を是正し「教育の ための社会」を実現するため、「幼児教育」「私立高校授業料」「大学などの高等教育」 の〝3つの無償化〟を着実に実施します。併せて食のセーフティネットである学校給食の早 期完全実施・無償化もめざします。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    教育 (6)
  • 教育政策

    ICTを活用するなどし、不登校や病気などの理由で学校に通うことができない子どもたちが 学ぶ機会を確保します。また、長寿化する社会において、大学などを卒業した後も社会人と して学び直す機会の充実を図るとともに、大学入学後、留学や就業しやすい環境整備を図 ります。併せて、障がいのある学生が進学できるよう、入試のあり方も見直します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    教育 (6)
  • 農林水産業支援

    民間賃貸住宅への入居を断られやすい高齢者や低所得者に、空き家などを活用して 低家賃の住まいを提供する「住宅セーフティネット制度」による居住支援を拡充し、農業と 福祉の「農福連携」による就労サポートの対象を生活困窮者にも拡大します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

    農林水産 (2)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合、結婚後の別姓を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)

なし(現在調査をおこなっています)

  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    雇用 (1)
  • 原発ゼロ

    「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 安全保障政策の推進

    「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 財政出動

    「歳出抑制より景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)
  • 金融緩和の継続・強化

    「日銀は国債買い入れなど量的金融緩和政策を続ける」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
公明党 --

政党での役職

就任 退任
女性局長 調査中-

内閣での役職

なし

国会での役職

就任 退任
参議院厚生労働委員会委員 調査中-