行政改革

この政策について 未達成

公明党の議員の賛否

5人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (5)

町の発展のためには、中央集権から地方分権へ、国のしくみを変えなければなりません。それには、権限や税源を地域にゆだね、民間にできることは民間にまかせるといった発想の転換が必要です。特権を廃止し、税金のムダ遣いを追放し、国全体をスリムにしていくことが重要であり、政治を改革し腐敗をなくすことも急務です。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊藤 渉のプロフィール

都道府県を廃止し、地域主権型道州制を実現します。そのための法整備を早期に進め、国会議員と国家公務員を半減します。(公式サイト、2020年12月7日閲覧)

北側 一雄のプロフィール

党の行政改革推進本部長として、地方分権改革、郵政改革、公務員制度改革などに取り組んできました。これからの課題は、国と地方の役割分担を大胆に見直し、国の地方支分局の整理を行うとともに、権限委譲を大胆に行うことが必要と考えます。(公式サイト、2020年10月15日閲覧)

桝屋 敬悟のプロフィール

大阪府内43市町村のそれぞれが持つ〝チカラ〟を最大限に発揮させていく。そのために、公明党大阪府本部で打ち出した「大阪創生ビジョン」の構想を軸とし、府内各市町村がその枠を超えて連携しあう、新たな活動単位の集合体(広域連携クラスター)の形成による、より積極的な自治体間連携を推進します。例えば、道路や上水道などのインフラ管理やごみ処理などを広域的に行うことで、行政の効率化やムダ削減を図り、住民サービスの向上につなげていきます。(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

石川 博崇のプロフィール

最も必要なところにお金が使えるよう、会計のプロの視点でムダを省きます。国民に信頼される行政をめざし、税金の使い道の「見える化」をさらに進ます。(公式サイト、2020年10月26日閲覧)

竹谷 とし子のプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま