少子化対策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

62人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (62)

公式サイトで「出産を希望する世帯を支援するために不妊治療の支援拡大を行い」と明言

菅 義偉のプロフィール

自身の公式サイトで「生産性を上げて、少ない労働力でも国を維持することのできる成長を維持する」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「女性の立場に立って出産、子育て等を全力で支援します (待機児童問題など託児サービスの不足の解消を含む)。」と明言

石破 茂のプロフィール

出産前や子育て中の母親が孤立しないための子育ち・親育ち・家族育ちを支える制度(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

深刻な少子高齢化を国全体で乗り切る社会保障制度の改革を実現します。がんばる人が報われ、がんばりたくてもがんばれない人を支える社会保障制度をつくります。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

あべ 俊子のプロフィール

いま、日本は少子化に悩まされています。仕事がないから、経済的に不安だから、あるいは子育て支援の仕組みが整っていないから、もその一因ではあるでしょう。しかし、最大の原因は、子どもを育てる意義を日本人が忘れつつあるからではないでしょうか。親から受けた恩は、自らの子どもを育てることでお返しするのです。このようにして命をつないでいくこと。これが、この世に生まれてきた一番大事な仕事ではないでしょうか。このことをいま一度思い起こしていくことこそ、少子化問題の根本的な解決策につながります。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

安藤 裕のプロフィール

不妊治療への公費助成(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

国をあげての少子対策が必要です。それにはまず、子育てや教育に関する不安をなくしていくこと。私は、チルドレン・ファースト(子ども優先)社会をめざして子どもを生み育てやすい環境をつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊藤 渉のプロフィール

育児休暇制度を一層充実させ、教育費の負担軽減を着実に実行して、少子化の最大の要因とも言われている教育費負担の軽減を実現します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

岩屋 毅のプロフィール

安心して子供を生み、育てる環境を創ることが何よりの少子化対策です。国政に挑んだときから、有権者の方々に訴えてきた『いつでも、どこでも、誰でもが、必要なときに、必要な医療と福祉のサービスを受けることが出来る社会』を創りあげます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江渡 聡徳のプロフィール

不妊治療への支援や育児休業の拡充などの「少子化対策」(公式サイト、2020年12月8日閲覧)

岸田 文雄のプロフィール

少子化社会の克服は家族の絆を原点に(公式サイト、2020年12月8日閲覧)

岸 信夫のプロフィール

先進国中最低の女性の就業率を改善し、働きながら安心して子どもを産んで育てられる環境づくりを急ぎます。(公式サイト、2020年12月8日閲覧)

玄葉 光一郎のプロフィール

出産手当や児童手当を大幅アップする。さらに出産前後の父母の休暇、そして子育て事業。また学童保育の充実。少子化総合対策費として年間5000億円の予算付けを、自民党若手議員でつくる少子化対策委員会とともに、厚生労働大臣に要望(公式サイト、2020年12月8日閲覧)

坂本 哲志のプロフィール

若い世代が就労・結婚・子育ての希望を持てる総合的少子化対策(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

塩谷 立のプロフィール

アレルギー対策。子育て環境づくり。

重徳 和彦のプロフィール

<出産費用補助(第1子100万円、第2子以降200万円)>  若い世代が、産前産後にかかる費用を、気にすることなく、出産ができるよう変えていきます。費用は、租税特別措置の見直しで捻出します。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

杉本 和巳のプロフィール

子供を安心して産み・育てられる環境整備に加え、少子化対策の本丸でありながら政策的対応が遅れている『未婚化対策』に切り込んでいきます。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 隼人のプロフィール

安心して産める周産期医療体制の確立をめざし、産科医師の増員に向けて国に対して早急に支援を求めていきます。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

津島 淳のプロフィール

子育て・介護を社会全体で支える(公式サイト、2020年12月8日閲覧)

辻元 清美のプロフィール