同性婚・同性パートナーシップ制度

この政策について 未達成

SNSでおすすめする

賛成する政党 (7)

同性婚を認める。(2019年マニフェスト、2020年9月28日閲覧)「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し、党の平均は「どちらかと言えば賛成」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

日本維新の会の詳細

同性婚を認める民法改正を行います。同性カップルの権利保障をすすめるパートナーシップ条例・制度を推進します。野党が共同提出している「LGBT差別解消法案」の成立をめざします。社会のあらゆる場面で権利保障と理解促進をすすめます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し、党の平均は「賛成」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

日本共産党の詳細

LGBTsは「子どもをつくらず生産性がない」などの差別的な言動を断じて許さず、性的マイノリティへの偏見解消に取り組むために「LGBTs差別禁止法」を制定します。同性婚を実現するため、婚姻平等の法整備を進めます。(2019年参院選選挙公約、2020年9月30日閲覧)「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し、党の平均は「賛成」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

社会民主党の詳細

賛成する政党に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する政党 (1)

"わが党は、公約に掲げたように性的な多様性を受容する社会の実現を目指し、性的指向・性自認に関する正しい理解の増進を目的とした議員立法の制定に取り組んでいます。(公式サイト、9月25日閲覧) 「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)"

自由民主党の詳細

中立な政党 (1)

「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し、党の平均は「どちらとも言えない」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

NHKから国民を守る党の詳細

賛成する議員 (18)

自民党総裁選時の同性パートナーシップ制度の賛否に対する質問に対し、「性的少数者の方が生活していく上で、不利益や不自由を感じない制度が必要」とコメントした。(共同通信、2020年9月12日)

岸田 文雄のプロフィール

同性婚を認める(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

足立 康史のプロフィール

障がい者、高齢者、LGBT、夫婦別姓、同性婚など多様性認め差別のない社会を。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊藤 俊輔のプロフィール

賛成する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する議員 (16)

2020年の自民党総裁選出馬会見で、同性婚について「家族の在り方の根幹に関連する問題で、慎重な検討が必要」と明言。

菅 義偉のプロフィール

「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

太田 房江のプロフィール

「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば反対」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

笹川 博義のプロフィール

反対する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

中立な議員 (37)

2019年1月3日に山梨県韮崎市で開かれた集会にて「LGBTで同性婚で男と男、女と女の結婚。これは批判したら変なことになるから、いいんですよ。もちろんいいんですよ。でも、この人たちばっかりになったら国はつぶれちゃうんですよ。」と発言。その後ハフポストの取材に対し「憲法に保障された権利で、そもそも賛成・反対の話ではない。『やめろ』ということはできない。」と発言。 「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

平沢 勝栄のプロフィール

「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

森 まさこのプロフィール

「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

清水 まさとのプロフィール

中立な議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする