教育政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

274人
2人
2人
賛成 98.56%
反対 0.72%
中立 0.72%

賛成する議員 (274)

自身の公式サイトで「教育の機会の平等を確保していく」と明言

石原 伸晃のプロフィール

自身の公式サイトで「実学重視の教育改革、実学拠点の整備、職業ポートフォリオ教育を推進します。教育無償化によりアンダークラスやシングルマザーなどの抱える教育格差問題を解決します。年齢や場所を問わない e-ラーニングと学び直し(リカレント教育)を充実します。」と明言

石破 茂のプロフィール

自身の公式サイトで「少人数学校の推進(全学年20人学級を推進)。」と明言

泉 健太のプロフィール

個人個人の能力を伸ばす、教育や経済環境整備に努めていきます。公立や地方であっても、充実した教育を実現し、地方から人材を育て、地方の活力につなげて参ります。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

井野 俊郎のプロフィール

教育は「国家百年の大計」であり、今後、教育への支援を充実させていきます。学校耐震化やエコ改修を進めます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

中学卒業まで子ども一人当たり年間31万2000円の手当を支給し、その一部を「子育て応援券」(バウチャー)とする。高校授業料の無償化は堅持する。義務教育期における基礎学力の向上と道徳教育を充実する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

子供たちの教育施設・文化施設を充実させる(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小野寺 五典のプロフィール

「公教育」の充実と人口増加を国家目標に⇒地域・家庭に関係なく子どもに最高の教育を。 「こども国債」の導入⇒借金でまかなう国の経費(公債発行対象経費)を大幅に見直し、真に成長に寄与する「投資分野」に国債の使いみちを限定(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

玉木 雄一郎のプロフィール

教師の質の向上、適正な評価システムの整備。日本人としての自覚と誇りを持てる教育の実施。国際感覚を重視、外国語教育の実施

梶山 弘志のプロフィール

中学卒業まできめ細やかな少人数教育を拡大、ひとり親家庭などの子どもの学習支援、職業観を育む教育の実践、世界の変化に対応できるような国際教育の推進(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 大人のプロフィール

給付型奨学金を拡充し、マルチ語学教育を推進します。(公式サイト、2020年12月9日閲覧)

赤羽 一嘉のプロフィール

『教育は国家の基本』との考えのもと、低所得世帯の児童生徒への支援強化、学生などへの給付型や無利子奨学金・授業料減免の拡充を行うとともに、『卒業後拠出金方式』を検討し、教育の機会均等を実現します。また、教師が子供達と向き合う時間を増やすためICTによる環境整備を進め、学校での働き方改革を行うとともに、新学習指導要領の円滑な実施に向けて、学校の指導・事務体制の効果的な強化やサポートスタッフ、部活動指導員の普及などを行い、『チーム学校』をつくります。さらに、学校施設は子供の学習の場であるとともに、地域社会や防災、国民保護の拠点としての役割を果たすことから、耐震化の完了、老朽化対策や空調設備、トイレ改修などの学習環境整備を強力に支援します。相模原市が取り組む「プログラミング教育」を全国のモデル事業化し、”ICT人材育成の街”相模原を目指します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

誰もがひとしく・同一水準の教育が受けることができる義務教育などの公教育や私教育のさらなる充実をさせなくてはなりません。また、安全で快適な教育環境を確立するため、学校の耐震化などの施設整備や学校在学時や登下校時の『安全確保』は急務な課題です。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤松 広隆のプロフィール

子どもの貧困解消に向けて、市町村に対する国の財政支援を引き上げ、就学援助制度を拡充します。支援員の確保や子ども食堂などの居場所づくりへの支援を地域の実情に即してすすめます。学費値上げを許さず、国の交付金を増やして学費値下げにふみだします。また30人以下学級、少人数学級を推進します。学童クラブへの支援を拡充します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

これまでの画一的な教育方法を改め、個性を伸ばし自ら学ぶ動機・意味・目標を持つ為の『モチベーション教育』を行い、落ちこぼれを作らない教育環境を目指します。日本人全体の学力向上のための制度は維持し、アカデミック分野の教育の充実はもちろんですが、職業教育を柱とする『職業学位』を創設し、教育と経済活性化の連動を提案致します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋元 司のプロフィール

教育無償化、子育てバウチャーで支援(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

足立 康史のプロフィール

教育の目的は、読み書き計算の基礎学力はもちろん、高い社会規範を身につけ、自分の力で未来を切り開いていくことができる自立した誇り高い人間を育てることです。道徳心を身につけ、家族を守り、地域を愛し、国を愛すること。自分のことだけでなく、公のためにするべきことを行うこと。こうした道徳心あふれる社会をもう一度取り戻しましょう。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

安藤 裕のプロフィール

学校、公共施設などの耐震化を加速して社会資本の前倒し整備を実施します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

来たるべきAI(人工知能)時代を生きぬく力を育むための教育を実現します。意欲さえあれば、高校、高専、専修学校、大学に行くことができるような日本にしていきます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 佳隆のプロフィール

公立小中学校の給食を無償化。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール