地方活性化

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

7人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (7)

自身の公式サイトで「地域分散と内需主導型経済への転換を図る。東京一極集中是正担当閣僚(仮称)を設置し地域分散を妨げる要因の検証と対策を講じる。21世紀中ごろまでに約300万人の地方移住を実現する。」と明言

石破 茂のプロフィール

自身の公式サイトで「地域公共交通への支援や、自動車諸税の軽減などで、住民の移動手段を確保。」と明言 自身の公式サイトで「地方への権限・財源移譲と一括交付金制度の導入で、自律した地域社会を実現。」と明言

泉 健太のプロフィール

地域経済回復のため、地方の取り組みを全力で支援します。地方への2.4兆円の臨時交付金を活用し、地域の活性化につなげます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧) 地方への税源移譲の推進と、安定した地方財政基盤の確立を図ります。地方自治体は安心サービスの現場です。特に市町村の基盤充実なしに道州制移行はすべきでありません。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

大島 理森のプロフィール

財政出動のうち、相当部分は地方が自分の裁量で自由に執行できるように改め、地方にとって真に必要な次世代のための公共投資を行えるようにする。中央集権制度を抜本的に改める。中央政府の役割を外交、防衛、危機管理、国家的プロジェクトなどに限定し、その他は地方自治体が行う制度に改革する。行政の権限と財源は地方に大胆に移し、地域が主役の社会を実現する。国の補助金と政策経費は原則、自主財源として地方に交付する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

国の出先機関の廃止、補助金・税配分の見直しなど思い切った地方分権の推進で住民のくらしを支える地方自治体を強化します。そして近い将来、新しい国のかたちとして道州制を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

「田園の安らぎ」と「都市の快適さ」を両立し、地方に仕事をつくる(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 40年前にはなかった以下の3要素をフル活用し、21世紀型の成長と幸福のモデルを全国で実現。インターネット、AI(人工知能)の発展、アジアの大成長、自然エネルギーの活用(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

玉木 雄一郎のプロフィール

国から地方への税源移譲を進め、国と地方の役割分担の抜本的な見直しを推進。市町村合併を後押しするための環境整備

梶山 弘志のプロフィール