年金政策

この政策について 未達成

政策への賛否(政党)

9党
0党
0党
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する政党 (9)

日本の年金の「受給資格期間」(公的年金受給に必要な保険料納付期間)は25年間と非常に長く、それに満たない人は無年金となっていました。困窮する無年金者を減らすため、公明党の主導で2016年に成立したのが「無年金者救済法」でした。これによって受給資格期間は一気に10年に短縮され、多くの無年金者が救済されたのです。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

公明党の詳細

公的年金制度は払い損がなく世代間で公平な年金積立方式を導入する。高齢者の雇用を創出しつつ年金の支給開始年齢を段階的に引き上げる。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「どちらかと言えば賛成」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

日本維新の会の詳細

頼れる年金制度に……年金7兆円削減計画(マクロ経済スライド)の廃止で「減らない年金」にします。低年金の底上げと無年金問題を解決します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

日本共産党の詳細

繰り返される年金支給の削減をやめさせます。年金支給年齢の引き上げ(65歳を68歳~70歳へ)に反対します。「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

社会民主党の詳細

「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

自由民主党の詳細

「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

立憲民主党の詳細

「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

国民民主党の詳細

「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

れいわ新選組の詳細

「年金・医療費給付を現行水準より抑制する」という問いに対して、党の平均は「どちらかと言えば反対」となっている。(朝日新聞デジタル、2019年参院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

NHKから国民を守る党の詳細

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま