女性差別の解消

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

15人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (15)

自身の公式サイトで「男女共同参画社会の実現。クオータ制、選択的夫婦別姓の導入。配偶者控除の廃止。女性差別撤廃条約選択議定書の批准。」と明言

泉 健太のプロフィール

男女平等社会の実現を目指します。女性も男性もひとりひとりが尊重される社会をつくります。選択的夫婦別姓を実現します。性暴力被害者救済のための「性暴力被害者支援法」をつくります。全国47都道府県に「性暴力救援センター」をつくり、応援します。政治の場における女性の割合改善のため「クオータ法制」を成立し「政治分野における共同参画推進法案」をつくります。一般企業など、意思決定の場における女性の割合改善を目指します。女性の貧困を解消します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

男女の賃金格差の解消や性暴力・セクハラの抑止など女子力爆発のための環境を整備します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤澤 亮正のプロフィール

仕事と家庭を両立できる環境の整備、パート労働者と正社員との均等待遇の実現、働く女性に不利な税制の改正をすすめます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤松 広隆のプロフィール

また女性差別を撤廃する政策を進め、人権意識をしっかりと持つ女性議員と連携して、無意識の中に根強く残るジェンダー意識の改革を進めます。(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

大河原 雅子のプロフィール

性差によって社会的に差別されるべきでないのは当然のことです。しかしながら、法制度上での差別はなくなったものの、社会生活においては差別が少なからず残っているのが現状です。国民意識の変化を促進するためにも、ある程度の差別是正のための積極的措置は必要であると考えます。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

男女賃金格差や長時間労働を是正し、男性も女性も出産・育児・不妊治休業を取れる環境を整備するとともに、保育所・保育士の数を増やすなど待機児童解消を図り、仕事と家庭(子育て)が両立できるようにします。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

高井 崇志のプロフィール

女性に対する雇用・賃金差別をなくします。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

武内 則男のプロフィール

政治、経済、社会のあらゆる分野に根強く残されている女性への差別を一掃します。(公式サイト、2020年10月13日閲覧)

畑野 君枝のプロフィール

世界経済フォーラムのレポート(2014年)によると日本の「男女平等指数」は世界142カ国中104位と先進国として最低水準という悲しい結果となりました。女性差別のみならず、LGBTQ+に対する差別、外国人への差別など、残念ながら日本にはたくさんの課題が残されています。石垣のりこは「世界標準の人権意識」を日本に根付かせるため奮闘します!(公式サイト、2020年10月19日閲覧)

石垣 のりこのプロフィール

働く女性に対する差別と格差を是正します。子どもの貧困解消、子育て支援、男女平等社会の実現に取り組む。(公式サイト、2020年10月20日閲覧)

伊波 洋一のプロフィール

女性が真に活躍できる社会を実現するため選択的夫婦別姓を実現し、男女における賃金格差を解消すると共に、性暴力の禁止と被害者支援に向けた法整備を行います。(自身のFacebook、2019年7月8日)

うち越 さくらのプロフィール

子どもや障がい者の権利保障と、LGBTの差別解消、ジェンダー平等社会の実現を目指します。男女間、非正規・正規間の平均賃金の格差解消を求め、安定雇用と均等待遇を実現。(公式サイト、2020年10月21日閲覧)

嘉田 由紀子のプロフィール

若者の雇用を拡大、女性に対する雇用・賃金差別を根絶(公式サイト、2020年10月21日閲覧)

勝部 けんじのプロフィール

あらゆる差別の根絶を。基本的人権を尊重し、男女、地位、民族などによるあらゆる差別をなくし、個人の尊厳がいかされ多様性に富んだ社会をつくります。(公式サイト、2020年10月22日閲覧)

吉良 よし子のプロフィール