農林水産業支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

194人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (194)

自身の公式サイトで「農業者戸別所得補償制度の復活。主要農作物種子法の復活。環境保全型農業を推進し、食料自給率の向上と食の安全の確保を図る。木材自給率の向上と利用の促進、水産資源の維持管理を図る。」と明言

泉 健太のプロフィール

内需拡大と完全雇用の実現を目指して、継続的な財政出動を行う。特に、新エネルギー関連産業と福祉関連産業、農林水産業での雇用を創出・拡大する。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

地域社会の資源を活かした農林水産業や商工業の振興をはかることで働く場所を確保する(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小野寺 五典のプロフィール

農業者の所得増大、農業生産の拡大、地域の活性化を目標とした自己改革が着実に進むよう、全力でサポートします。生産者の努力が報われる農林水産業の実現に向けて、水田・経営所得安定対策など必要な予算はしっかり確保、新たな国際貿易交渉では、政府に説明と情報開示を求め、万全の国内対策で必ず守ります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

武田 良太のプロフィール

農家所得の向上・担い手育成、農地の維持・農業基盤の整備のため、政権交代後大幅に削減された農林水産予算の復活。「所得補償」から「農地を農地として維持する支援策」への振替拡充。新規就農・経営継承を応援するなど担い手の育成確保対策。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

茂木 敏充のプロフィール

農家への所得補償(いわゆる「米ゲタ」)と収入保険で、自由貿易の下でも営農継続を可能にする。交付単価は全国一律ではなく、地域の耕作条件を踏まえて決定(公式サイト、2020年9月30日閲覧) 地域の多様性・自主性を高めるため、各種農業補助金を農政局単位で交付金化(公式サイト、2020年9月30日閲覧) JA改革は協同組合としての自主性を尊重(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

玉木 雄一郎のプロフィール

農林水産を取りまく環境変化に対応した基盤づくり (食料安全保障、消費に対応した生産構造の構築)

梶山 弘志のプロフィール

TPPを阻止し、若者の第一次産業就労を支援します。日本に不利益なTPPを阻止し、若者が林業・農業・漁業で生活できるよう支援します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

農業の成長と発展のための農地整備・農産物の輸出拡大への取り組み・米価下落対策(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 大人のプロフィール

6次産業化・地産地消・農商工連携を推進します。2020年に6次産業の市場規模を10兆円に拡大し、農業・農村の所得拡大を目指します。またJAグループが創意工夫により取組んでいる自己改革を後押しします。都道府県中央会の連合会移行後の法人税の取り扱いについて、類似の他団体の例を踏まえ適切に対応します。さらに農林水産業イノベーションを創出します。農林漁業者などのニーズを踏まえ、ロボット、ICT、人工知能(AI)などを活用するとともに、国・都道府県・大学・民間企業の『知』の総力を結集し、現場と一体となって技術革新を進めます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

日台漁業取り決め、日中漁業協定の見直しを求めます。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

若者や意欲ある農林漁業者が夢と希望を持てる『農政新時代』を切り拓くための多角的な支援の拡充。攻めの農水業を展開するため、生産資材価格の引き下げ、流通・加工の構造改革。多様なニーズに即した多様な農業を担う人材を育成するための支援策の拡充。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

秋葉 賢也のプロフィール

農林水産業の成長産業化(公式サイト、2020年12月11日閲覧)

浅野 哲のプロフィール

都市農業のさらなる振興(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

阿部 知子のプロフィール

農家所得の向上・担い手育成、農地の維持・農業基盤の整備等を積極的に進め、高付加価値な農林水産業を育て、競争力のある「攻めの農林水産業」を展開します。また、国産木材の利用促進と間伐・路網整備の充実強化、など山村振興対策の抜本的強化を行います。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

農林水産業の経営の持続的かつ安定的発展を図るとともに、農業、林業、漁業がもつ多面的な役割を強化することを基本に施策を展開。農業者戸別所得補償制度の法制化。種子法の復活。AIの活用やGPSを利用した無人トラクター、ドローンを使っての防除など、農業分野での技術革新を支援し、農業のスマート化を推進。森林経営者や林業従事者の所得の向上で健全な林業経営を継続するとともに、森林組合および市町村、国および都道府県が、公的役割を連携・活用して実施する体制をさらに強化し、森林の多面的機能の発揮と保全を推進。林地および施業の集約、再造林体制の強化並びに林業と木材産業との川上・川中・川下が連携し、木材産業を振興。水産物を安定的に供給するため、資源と漁業権の管理、中小漁業経営等の基盤強化対策を実施。付加価値の向上を目指した流通・加工・販売により、漁業所得を向上。地球規模での環境・資源の変動、国際的な資源管理の取り組みの変化に即応し得るよう、「漁業者所得補償制度」(資源管理・漁業所得補償対策)や積み立てプラスの強化など、漁業経営安定対策を拡充し、漁業経営を安定化。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

農林水産業の高付加価値化(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

泉田 裕彦のプロフィール

WTO・EPA/FTA交渉における適切な国際規律の確立。TPP参加交渉の即時撤回。酪農経営安定対策の充実。農業生産基盤整備事業の推進。飼料・燃料油の価格高騰に対する支援策の充実。水産物IQ制度の堅持。ロシア200海里水域での操業水域の拡大、漁獲割当数量の確保。北方四島周辺海域での安全操業の枠組みの拡大。貝殻島コンブ漁の操業経費への支援拡充。水産基盤整備事業の推進。燃油高騰対策。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊東 良孝のプロフィール

農林水産物の高付加価値化で輸出を促し、農林水産業の成長産業化をめざす。生産性向上や生産資材価格など生産コストの低減を推進し、所得の向上を図るとともに、地理的表示制度(GI)を活用した地域産品のブランド化や6次産業化など農林水産業の高付加価値化を推進します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

稲津 久のプロフィール

強い農業漁業づくりと所得向上。中山間地の多面的評価。鳥獣害対策とジビエ促進。林業再生:重機と林道整備、森林環境税対策、国産材の利用促進と違法伐採対策。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール