環境保全政策

未達成

この政策について

賛成する政党 (2)

廃プラスチック対策を強化し、“焼却中心主義”から脱却し、ごみを出さないシステムの確立をめざす。アスベストなど、身近にある有害物質への規制を強め、化学物質基本法を制定する。水俣病被害者の全面的な救済に力を尽くす。大気汚染患者を救済し、自動車メーカーに社会的責任を果たさせる。大規模開発による環境破壊をやめさせ、生物多様性を守る。「オーフス条約」の早期批准で、環境保全・再生への市民参加を保障する。日本にも影響が及んでいる東アジアの環境保全のために、協力を強める(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

日本共産党の詳細

海洋汚染への影響が危ぐされる微細なマイクロプラスチック対策として、不必要な使い捨てプラスチック製品の製造・販売・流通を規制するとともに、リサイクルに取り組む企業や再利用に優れた素材開発に資金援助するなど、総合的で実効性のある対策を定めます。(2019年参院選選挙公約、2020年9月30日閲覧)

社会民主党の詳細

反対する政党

なし(現在調査をおこなっています)

中立な政党

なし(現在調査をおこなっています)

賛成する議員 (58)

政府開発援助を抜本的に見直し、相手国の自然環境の保全と生活環境の整備に重点的に援助し、日本が地球環境の保全で世界をリードする。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

環境問題に対する国民意識の啓蒙、循環型社会の転換を推進

梶山 弘志のプロフィール

持続可能な環境政策をすすめます。風力発電・太陽光発電・地熱発電など再生可能エネルギーの促進に全力をあげます。生物多様性が守られる社会を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

賛成する議員に関するデータの続きを見る

データの続きを閲覧するためには、メンバーシップ(月額980円または3200円の定期購読)に参加していただく必要があります。メンバーシップに参加いただくと、政策データベースの他にも、The HEADLINEのすべての有料記事を読むことができます。

メンバーシップについて知る

ログインして続きを読む

すでにメンバーシップに入っている方は、こちらからログインしてください。

ログインする

反対する議員

なし(現在調査をおこなっています)

中立な議員

なし(現在調査をおこなっています)