環境保全政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

58人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (58)

政府開発援助を抜本的に見直し、相手国の自然環境の保全と生活環境の整備に重点的に援助し、日本が地球環境の保全で世界をリードする。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

環境問題に対する国民意識の啓蒙、循環型社会の転換を推進

梶山 弘志のプロフィール

持続可能な環境政策をすすめます。風力発電・太陽光発電・地熱発電など再生可能エネルギーの促進に全力をあげます。生物多様性が守られる社会を目指します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

地球温暖化を食い止めるために、『パリ協定』の実施に貢献します。再生可能エネルギーの導入拡大などにより、2020年度温室効果ガス26%削減目標の達成に取り組むとともに2050年80%削減を目指し経済成長につなげるための長期戦略を策定します。また、気候変動の影響を低減する適応策の充実強化を図るための法制度の整備を行います。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

みんなで省エネ・再エネ。2030年に2010年比省エネ30%と再エネ比率50%、温室効果ガス1990年比30%以上削減達成をめざす(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

阿部 知子のプロフィール

鳥獣害対策の徹底(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール

環境税の創設により地球温暖化の進行を抑止(公式サイト、2020年10月1日閲覧)

小川 淳也のプロフィール

環境技術開発に対する支援。我が国は、環境技術において有数の先進国である」と言われますが、その優位性をより確固たるものにすることは、国際貢献のみならず経済政策の観点からも重要な政策であると考えます。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

門山 宏哲のプロフィール

21世紀末までに、中世イギリス産業革命時から地球の気温上昇を1.5度までに抑えることを言われています。そのために、国と地方自治体、企業、そして国民が一体となって取り組む必要があります。また今日国際的に話し合われているプラスチックごみ対策も早急な対応が求められています。『新たな汚染を生み出さない世界』を目指し、身近にできることからコツコツと。(公式サイト、2020年10月2日閲覧)

神谷 昇のプロフィール

私は地域の資源回収などに積極的に参加するようにしています。環境問題を考えるとき、そういった小さな取り組みや運動をおろそかにしてはなりません。国家レベルでのCo2削減や、省エネや環境技術など企業レベルの取り組みはもちろん、地域の資源回収やボランティア活動、さらには私たちひとりひとりの生活様式や意識改革に至るまで、環境に良いこと、地球にできることは山ほどあると思うのです。(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

城内 実のプロフィール

地球温暖化・異常気象対策の充実(公式サイト、2020年10月7日閲覧)

木村 次郎のプロフィール

私は、2010年9月に環境副大臣に就任し、民主党政権は、同年10月に愛知県・名古屋市で開催されたCOP10(第10回生物多様性条約締約国会議)で大きな成果をあげました。また、日進市東部丘陵において懸案となっていた『保安林解除』にストップをかけました。さらに、『鉱業法』改正において、環境省のかかわりをより大きくすることを実現しました。東日本大震災後、日本のあり方は『環境重視』に、より変わっていかなければなりません。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

近藤 昭一のプロフィール

首都圏の花粉症の原因となっている神奈川・東京・埼玉3都県西部のスギ・ヒノキを、低花粉の気に植え替えるには現在のペースだと350年かかると林野庁長官が答弁。補正予算や森林環境税を財源に政府を挙げて花粉症対策に取り組むよう提案しました。(公式サイト、2020年10月8日閲覧)

後藤 祐一のプロフィール

科学技術イノベーションによる健康長寿で、環境に優しい、省エネな社会(公式サイト、2020年11月5日閲覧)

下村 博文のプロフィール

地球環境問題、温暖化の阻止。地球環境問題、途上国開発へのコミット。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

鈴木 馨祐のプロフィール

夏の暑さがだんだんひどくなっていると感じませんか?毎年『記録的』豪雨が降りませんか?台風の被害、ひどくなっていませんか?欧米は、温室効果ガス削減に舵を切っています。地球の未来のために、今の暮らしの安全のために、そして、世界でビジネスチャンスを勝ち取るためにも気候危機対策は進めなければいけません。(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

関 健一郎のプロフィール

パリ協定にもとづく地球温暖化対策の推進(公式サイト、2020年10月9日閲覧)

武内 則男のプロフィール

環境保全対策の推進(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

竹下 亘のプロフィール

ゴミゼロ作戦・低公害車の導入・クリーンエネルギー化を推進し、地球温暖化対策、自然生態系の保全などの環境保護とリサイクル社会の確立により、経済振興と環境対策を両立させ、持続可能な社会の構築を目指します。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

田中 和徳のプロフィール

資源を持たない日本が持続的に発展するには、強い科学技術力が不可欠です。選択と集中による戦略的な投資を行うとともに産学官のより一層の連携を推進し、科学技術創造立国を実現する。途上国支援や環境問題など科学技術による国際協力や、科学技術外交を推進する。(公式サイト、2020年10月12日閲覧)

渡海 紀三朗のプロフィール