医療政策

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

33人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (33)

国民皆保険を堅持し、さらに将来の医療保険制度の一元化を目指し、後期高齢者医療制度は廃止する。医療~介護~福祉の一体的推進体制を確立し、高齢者が住み慣れた地域や自宅で暮らせる地域包括ケア、在宅介護支援体制を強化して、介護制度を充実させる。(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小沢 一郎のプロフィール

医療や福祉・環境のシステムを整える(公式サイト、2020年9月29日閲覧)

小野寺 五典のプロフィール

公的病院を支え、地域医療を守ります。医療介護の改悪法成立に伴い、要支援1〜2の通所サービス・訪問サービスが地域包括ケアシステムへと移管されます。地域で受け皿をつくる必要があります。介護保険制度の立て直しを図ります。医療・介護従事者の労働条件を改善します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

福島 みずほのプロフィール

生活習慣病を未然に防ぐ取り組みを強化し、また病院と医院の役割分担を徹底し,病院への医師や報酬などの資源配分を増やすとともに,全体的には合理的かつ適正な診療報酬や薬価として医療費を抑制すべきです。また、税制と併せて、保険制度と負担のバランス(高福祉高負担から低福祉低負担までのバリエーション)を国民的議論の上で再設計すべきです。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 雅幸のプロフィール

医療介護の連携を整備し在宅療養を推進(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

青山 大人のプロフィール

データヘルスを推進し病気や介護の予防、重度化防止対策を強化し医療におけるICT、IoT、AIの活用を進めるとともに、医師、歯科医師、薬剤師、看護師などの専門職の活躍を推進します。また「第4次産業革命」(IoT・ビッグデータ・AI)の社会実装、先端的技術による「医療・介護革命」を進め、シェアリングエコノミーなどを活用した新しい豊かな地方のくらしを実現します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

あかま 二郎のプロフィール

子どもの医療費無料化を推進します。産科・小児科医療の確保のために、公的支援を抜本的に拡充します。(公式サイト、2020年9月24日閲覧)

赤嶺 政賢のプロフィール

地域医療体制の構築と普及。オンライン医療とホームドクター制度の普及。総合合算制度(医療・介護・障がい福祉など社会保障の自己負担の合計額に上限を設ける負担軽減策)の創設。(公式サイト、2020年12月28日閲覧)

浅野 哲のプロフィール

医療介護も皆保険ビッグデータで適正化効率化(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

足立 康史のプロフィール

妊娠・分娩に医療保険を適用(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

阿部 知子のプロフィール

子育て支援の充実、医療・介護の財政強化で誰もが安心して長生きできる社会を築きます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

安藤 裕のプロフィール

年金・医療・介護を含む社会保障制度については国民負担の増大を抑制しつつ、ニーズに対応した社会保障制度の確立を目指します。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

池田 道孝のプロフィール

産婦人科や小児科などを含め、必要な時に適切な医療が受けられるよう体制整備を進めます。 地域で救急医療を担う医師や医療機関に対し、適切な支援を行います。『がん』の早期発見のため、検診率の向上など様々な取り組みを進めます。患者の痛みを軽減する『緩和ケア』を推進するとともに、身体に負担の少ない最先端の『がん』治療研究を後押しします。医療基盤のある大阪を、『がん』治療の最先端地域にしていきます。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

伊佐 進一のプロフィール

公的病院の存続をめざすとともに、救急医療、産婦人科、小児科などの医療体制を確保。地域医療機関と地域医療支援病院、介護との連携を強化。地方の医師不足や地域偏在を解消する制度や仕組みづくり。医療・介護・障害福祉等に関する社会保障サービスの自己負担の合計額に所得に応じた上限を設ける総合合算制度の創設。(公式サイト、2020年9月28日閲覧)

石川 香織のプロフィール

市立根室病院、町立中標津病院の医療拠点機能の充実。医師の長期的安定的な確保を図るための支援策の確立。自治体病院運営費と施設整備に対する補助制度の創設。医療機器に対する補助制度の拡充。広域緊急患者搬送体制(ドクターヘリ)の財政支援の拡充。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

伊東 良孝のプロフィール

医師・看護師・介護士不足解消。地域偏在を抜本的に是正、専門医制度改革(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今枝 宗一郎のプロフィール

信頼できる年金と安心医療づくり(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

今村 雅弘のプロフィール

乳がん、子宮頸がん検診の無料クーポン継続や、子宮頸がんワクチン接種への公費助成を充実させます。“心の病”の相談体制を強化します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

浮島 智子のプロフィール

制度の適正な運用と、医療・介護に従事する人材不足を解消するため、医学部の増員、医師の一部業務を看護士などが代行する「コ・メディカル」の導入、適切な介護報酬の再設定を進めます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

江渡 聡徳のプロフィール

実現します。共に生きる皆の安心のための医療・年金・福祉。深刻化する医師不足の解消し、救急医療体制の充実に努めます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

衛藤 征士郎のプロフィール