浮島 智子

公明党・衆議院

政党名 公明党
議会 衆議院
選挙区 近畿ブロック
出生国
出生地域
高校
大学
年齢 58歳
誕生日 1963/02/01 00:00
SNS

政治家以前の経歴

東京都新宿区出身。香港ロイヤルバレエ団。2004年7月11日 - 第20回参議院議員通常選挙に公明党公認で全国比例区から立候補し、約75万票を得て初当選。衆議院文部科学委員会理事、衆議院予算委員会委員。公明党中央規律委員、女性委員会副委員長。

  • 教育無償化

    自身の公式サイトで「幼稚園・保育所等の整備・増設で待機児童をゼロにします。また、幼児教育を無償化します。」と明言 「幼稚園・保育所から大学まで教育を無償化すべきだ」という問いに対し「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    教育 (6)
  • 介護業界における人材不足問題の解決

    特養老人ホームなどの介護3施設の倍増とともに、在宅支援の強化、介護分野で働く人材確保を進めます。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 女性活躍の推進

    女性の再就職を支援するため、職業訓練の充実やマザーズ(両立支援)・ハローワークを拡充し、キャリア・コンサルタントを配置します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    女性 (3)
  • 保育園・待機児童問題の解決

    幼稚園・保育所等の整備・増設で待機児童をゼロにします。また、幼児教育を無償化します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 中小企業・小規模事業者支援

    病院や学校の耐震化、太陽光発電の導入など、必要な社会資本の整備を進め、中小企業の仕事をつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    景気・経済 (9)
  • 雇用対策

    雇用保険が受けられない人への『訓練・生活支援給付金制度』を継続し、適用範囲を拡大します。『就活手当』の創設で学生を応援します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

  • 高齢化対策

    高額療養費の負担を引き下げます。独居高齢者見守りシステムをつくります。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    少子高齢化 (4)
  • 教育政策

    学校給食を『食育』として位置づけ、小学校給食の無償化を進めます。中学校給食(学校給食と家庭からの弁当との選択制など)も推進します。小学生に農山漁村での1週間以上の体験留学や、小中学生に1週間以上の職場体験活動の提供を推進します。『話せる』英語教育の推進で国際的な人材を育成します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    教育 (6)
  • 子育て支援

    24時間対応可能な小児救急医療施設の整備や、子育ての悩みに対応する児童家庭支援センターや児童相談所などを拡充します。企業に男性の育児休業取得を義務付ける「パパ・クオータ(割り当て)制」を導入します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    社会保障 (4)
  • 医療政策

    乳がん、子宮頸がん検診の無料クーポン継続や、子宮頸がんワクチン接種への公費助成を充実させます。“心の病”の相談体制を強化します。(公式サイト、2020年9月30日閲覧)

    公衆衛生(コロナなど) (3)
  • LGBT支援

    超党派LGBTに関する課題を考える議員連盟に所属。2013年3月26日、パートナー法ネットの面会にて「性的指向を理由とする偏見・差別を無くしていくいためにまず教育から変えていきたい。児童生徒の発達段階に応じて、人権尊重の認識を啓発していく教育は重要である」と発言。

    マイノリティ (4)
  • 同性婚・同性パートナーシップ制度

    「男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ」という問いに対し「どちらかと言えば賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    マイノリティ (4)
  • 選択的夫婦別姓

    「夫婦が望む場合には、結婚後も夫婦がそれぞれ 結婚前の名字を称することを、法律で認めるべきだ」という問いに対し「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    男女平等参画 (1)
  • 非核三原則

    「非核三原則を堅持すべきだ」という問いに対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 安全保障政策の推進

    「日本の防衛力はもっと強化すべきだ」という問いに対して「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    安全保障 (11)
  • 憲法9条の改正

    憲法改正に対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)
  • 財政出動

    「当面は財政再建のために歳出を抑えるのではなく、景気対策のために財政出動を行うべきだ」という問いに対し「賛成」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    金融 (2)

なし(現在調査をおこなっています)

  • 外国人労働者の受け入れ拡大

    「外国人労働者の受け入れを進めるべきだ」という問いに対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    雇用 (1)
  • 原発ゼロ

    「原発ゼロか存続か」という質問に対し「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    エネルギー (3)
  • 消費税増税

    「長期的に消費税率を10%よりも高くする」という問いに対して「どちらとも言えない」と回答(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    景気・経済 (9)
  • 憲法改正

    憲法改正に対して「どちらとも言えない」と回答。(朝日新聞デジタル、2017年衆院選朝日・東大谷口研究室共同調査)

    憲法 (2)

これまでの選挙歴・選挙区

所属政党

政党入年月 政党脱党年月
公明党 --

政党での役職

就任 退任
公明党中央規律委員 調査中-
女性委員会副委員長 調査中-

内閣での役職

就任 退任
文部科学副大臣兼内閣府副大臣 調査中-

国会での役職

就任 退任
衆議院文部科学委員会理事 調査中-
衆議院予算委員会委員 調査中-