農林水産業支援

この政策について 未達成

政策への賛否(議員)

194人
0人
0人
賛成 100.0%
反対 0.0%
中立 0.0%

賛成する議員 (194)

千葉県からより多く海外のニーズに合った農林水産物を輸出していくことで農業をはじめする一次産業の生産拡大を推進していくことができます。合わせて地域の生産物を地域で消費する地産地消も推進していくことで、食料自給率を高め、国内の人々の豊かな農産物の品質を維持し、日本の安心安全の食生活守ることも推進していきます。(公式サイト、2020年12月14日閲覧)

元栄 太一郎のプロフィール

次世代につなぐ農業政策の推進。「戸別所得補償制度」を復活・拡充し、営農の「持続可能性」の確保と「品質の向上」、消費者の「食への信頼」の確保、この両立をしっかり進めます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

森本 真治のプロフィール

「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」とは、福島第一原発の廃炉(ロボット技術をはじめ多岐にわたる研究開発、部材等の試作・生産や研究者・技術者の育成)や地域で興りつつあるエネルギー・農林水産業のプロジェクトを苗床として、産業を浜通りに集積させることを意図したプロジェクトであり、赤羽経済産業副大臣(2014年8月当時)が中心となりまとめたものです。多くの若者が、自然に触れあい汗と労苦で物をつくりあげる農林水産業に興味をいただいています。しかし、多額の設備投資の必要や、自然を相手にすることへのノウハウ不足などから尻込みをしています。農林水産業に魅力を感じる若者などのチャレンジ精神を支えるため、次世代の農業担い手育成、支援に全力をそそぎます。新興国の経済成長とともに、より安全な食品を求める世界的なニーズは高まっています。これに応えることができるのは、安全・安心で高品質な日本産農産物です。これは、中国滞在時の私の実感でもあります。「攻めの農林水産業」を実現するために、品目別・国別に農林水産物等の輸出戦略を策定し、日本食の海外展開と輸出促進を一体的に展開します。日本の食文化・食産業のグローバルな展開を加速させ、農林水産物の輸出額を倍増します。日本の森林は貴重な資源です。しかし、林業は深刻な後継者不足に悩まされ、衰退の一途をたどっております。まず、現場技術者や森林作業道設計者などの育成をはかるとともに、国産木材を利用した建築物や建築方法の推奨や木質バイオマスの更なる普及などを促進するなど、林業の需要を高めてまいります。日本の水産業の展開も積極的に支援いたします。特に、日本の養殖技術は世界に誇るべきものですが、近年、日本における養殖水揚げは減少傾向にあるという統計もあります。被災地における風評被害の克服に努めるとともに、日本の養殖業の振興をはかります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

矢倉 克夫のプロフィール

担い手が安心して農林水産業を営める環境整備の重要性を忘れてはいけません。日本の豊かな食や日本人の心のふるさとである地方を、次の世代にしっかりと引き継いでいくため、現場の生産者の努力や挑戦を全力で支えます。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山崎 正昭のプロフィール

農業水産業を振興し、自給率を高めて食の安全をはかります。(公式サイト、2020年12月22日閲覧)

山谷 えり子のプロフィール

6次産業化とブランド化により競争力を強化。地産地消により消費を拡大。漁業の安全操業と経営の安定、水産施設の充実。森林の整備や環境の保全、木材の利用促進。活力ある農村漁村づくり。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山田 修路のプロフィール

花粉症撲滅。国民の4人に1人以上が罹患しているという花粉症。その花粉症の原因は戦後、積極的に植林したスギやヒノキが安価な輸入木材に押され放置されたことです。花粉症を解決する為には、スギやヒノキの伐採が効果的です。治山治水などに注意しながら針葉樹中心の山から日本古来の里山である広葉樹の森に戻したり、針広混交林化を進めたりしていくのです。また、無花粉スギ・少花粉スギの植林や菌類を用いた花粉飛散防止技術を実施し、伐採需要を増やすためにCLT(直交材)を始めとした国産材の需要創出も必要です。こうした施策を促進するために内閣府に花粉症撲滅の総合対策本部を作るべきです。林業振興を命題とする農水省だけの管轄では動きがとりづらいからです。(公式サイト、2020年12月22日閲覧)

山田 太郎のプロフィール

持続可能な農業経営のため、農業者の所得増大に向けた経営所得安定対策の充実を目指します。また、喫緊の課題である担い手対策や、集落営農・JA出資法人などの取り組み支援に全力を尽くします。JAは地域になくてはならない組織です。規制改革推進会議などから新自由主義一辺倒の規制改革を押し付けられるようなことがあってはなりません。JAによる自己改革を後押しする政策の確立に全力を尽くします。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山田 俊男のプロフィール

民間賃貸住宅への入居を断られやすい高齢者や低所得者に、空き家などを活用して 低家賃の住まいを提供する「住宅セーフティネット制度」による居住支援を拡充し、農業と 福祉の「農福連携」による就労サポートの対象を生活困窮者にも拡大します。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山本 香苗のプロフィール

環太平洋経済連携協定(TPP)によってもたらされる一次産業へのマイナス面をできるだけ防ぐための政策を実行し、農林水産業への影響を極力少なくする努力をしなければならないと考えています。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山本 順三のプロフィール

農林水産業の支援、後継者育成施策の充実(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

山本 博司のプロフィール

行き過ぎた市場開放委と規制緩和、後継者不足で農林水産業を取り巻く環境は厳しさを増しています。農業者戸別所得補償制度の復活で、所得の安定向上を図り、日本の食を守ります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

横沢 たかのりのプロフィール

家庭の食卓に上がるカキやホタテ、エビなど輸入水産動物の衛生・防疫体制の強化を実現。今後も、食の安全を守ります。国会議員で唯一の水産学のエキスパートが、海洋国・日本の水産業をさらに発展させます。高品質な日本の農水産物を世界市場へ拡大するため、イタリア・ミラノ万博などを通じ、「和食」をアピール。農業経営を支える収入保険制度の導入を推進したほか、北海道産木材の活用策を探るフォーラムも開催。“地方創生”へ農林水産業の振興を図ります。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

横山 信一のプロフィール

農林水産業は、三重県にとっても非常に重要な産業であり、私が長年携わってきた分野です。現在、自民党「農林水産戦略調査会」事務局として、日本の農林水産業強化や農業経営者の経営基盤強化のため、農業資材コストや農産物輸出、収入保険など新制度に関わり、中山間地域農業の活性化などの議論を重ねています。地元では、「GAP(Good Agricultual Practive: 農業生産工程)」や「オーガニック(有機)」など認証取得を通じての農産物の付加価値を上げるための方策や、地域農業の活性化に向けた講演やセミナーなどをさせて頂いています。党内では、小泉進次郎衆議院議員を委員長とする「農産物輸出促進対策委員会」事務局次長として、日本の農林水産物輸出1兆円の達成、輸出促進による日本の農林水産業の活性化に向けて制度改正も視野に入れ検討を行っています。輸出戦略としてお茶をはじめとする「オーガニック」について、青果物の輸出については、三重県からJA三重南紀の筒井代表理事長にお越し頂き、みかんの輸出についての課題や可能性など貴重なお話を頂きました。「農林水産業 骨太方針実行PT 規格・認証等戦略検討チーム」でも、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて三重県でも推進していくGAPをはじめ、HACCP、JAS、JAS有機、GI(地理的表示)など、今後、わが国の一次産業を守り、輸出など発展させていくための規格・基準、認証取得による付加価値拡大について提言を出し、農水省も補助制度などを拡充してくれました。認証取得による一次産業の付加価値向上は私が携わってきた専門分野でもあります。より多くの方々にご理解を頂き推進をして頂けるよう、そして日本の一次産品の価値を高め、地域の発展に資することができるよう、今後も努力をしていきます。自民党税制調査会では、林業に関わる皆さまから長年ご要望頂いていた、地域の森林を守り、温暖化防止とともに地域産業の活性化に資するための「森林環境税」の新設に農業部会として関わることができました。(公式サイト、2020年10月29日閲覧)

吉川 ゆうみのプロフィール

わたしたちについて

🔥 いま読まれている記事

最新情報を受け取る

ニュースレターやTwitterをチェックして、最新の記事やニュースを受け取ってください。

大学生のみなさま

リサーチャー募集

法人・団体のみなさま